MENU
SNS情報まとめサイト『どスポ』はこちらをクリック!

中日の未来が見えてくる!早ければ、来年にもこの2人で二遊間をやらせるのだろう。

早ければ、来年にもこの2人で二遊間をやらせるのだろう。岡林が内野に移動すれば、外野の空きが出来て、外人の補強もし易くなる。根尾の投手専任でぶれる事もなくなった。 阿部3塁兼務なら、高橋、阿部、石川で2塁、3塁を複数で競わせる事に成る。補強は当たり外れがある以上、阿部の3塁兼務は補強に関係無く必要事項。石川もケガでリハビリばかりでは必要とされなくなる。

あくまでも仮に現時点でベストメンバーを組むとしたら、岡林セカンドは控えの控えぐらいだろうけど岡林の野球センスを考えたら今後の可能性としてありなのかもしれない。 今の阿部にしたってちょっと前の荒木にしたって最初からセカンド一本でやったわけじゃないし、最初からセカンドを育てるのは大変なのかもしれない。 2軍見てもセカンドを新たに取らない限り、阿部がダメになった後のセカンドのレギュラーが三ツ俣、溝脇じゃ二人には申し訳ないがやっぱり将来は感じられない。

岡林が外野から外れると肩のある外野のレギュラー候補がいなくなる。(強肩は他に平田、加藤翔平、後藤、三好のみ) 井端も指摘していたがセンター大島レフトアリエルでは外野のランナーを一塁多く進めてしまうことがある。 ルーキー大卒外野手はブライト福元ともに肩が弱く、鵜飼はライトもできるが大島鵜飼アリエル(レビーラ)の外野フォーメーションは走り放題だろう。 センターの後継者として岡林以外見えておらず、大島の守備指標も今年はかなり厳しいが、立浪にはセンターの後継は見えているのだろうか。

春先だったか、荒木コーチが岡林のセンスを見込んでセカンドをやらせてみたいと立浪に進言したという記事を見た記憶があります。いずれにせよ、来年に向けた布石としていろいろチャレンジするのは賛成です。荒木、井端も現役時代は外野も経験しているから、応援します。

岡林をセカンドにしたいって考えは いい発想だと思う 今までの野球は内野が出来ない選手が 外野コンバートをしていたが 打撃の弱い内野手が外野に行っても 使い勝手が悪い 今の高橋周平が外野にコンバートするようなもの 打てる外野手が二遊間守れたらチームにプラス 後は今年のドラフトでも外野手のスラッガー獲るつもりなんだと思う それと同時に立浪の頭の中では 鵜飼辺りはレギュラー獲れないと判断してるように思う

セカンドには高松に期待しているが、限られたチャンスで、なかなか結果が出ていない。 守備も打撃も課題はたくさんあるが、それでもセカンド高松に期待します。 荒木さんのようになってくれれば。

色々可能も探れるだろうし、本人も気分転換になるんじゃないかな。 岡林は、体力的に疲れもあるかもしれないが、一軍で頑張って欲しい。

わりと近い将来に中日新聞社が球団をやる気のある企業に売却して無駄に広いに閉塞感があるドームから屋外天然芝球場にホーム球場を替えて立浪が監督解任されて選手に活気がみなぎる魅力的なチームになれば嬉しいです

岡林は今年は外野かもしれないけど、可能性があるのならセカンドも良いかもしれない。土田はまだ打撃が不足をしているが、守備は何とかなると見ている。 そうなると京田の出番は減るじゃなくて、無くなってしまうな。 外野もブライトとか怪我をしたが鵜飼もいることだし・・・。

石岡選手もトレードされましたが、内野手よりも外野手が渋滞しているチームなので、将来的にはアリだと思います。それほどバヤシが立浪監督には必要不可欠なピースだという証拠ですし、将来のドラゴンズを担ってくれるものと期待してます。 バヤシの契約更改と来年の背番号が楽しみですね!そして、お父さんに新品のトラクター買ってあげて下さい!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる