MENU
SNS情報まとめサイト『どスポ』はこちらをクリック!

投手をやるなら最初からやれば良かったと言うのは結果論でしかないし本人含めみんなが打者として成功すると思ってやってきたのだから全然無駄じゃないでしょ。

Yahoo!ニュース
【中日】打撃の未練捨てろ! 根尾昂に赤堀元コーチがゲキ「打てないから転向している」(東スポWeb) - Yah...  今季6月に投手に転向した中日・根尾昂(22)が、着実に結果を出している。ここまで中継ぎとして11試合に登板し、9回1/3を投げ、防御率は1・93。前回登板の2...

投手をやるなら最初からやれば良かったと言うのは結果論でしかないし本人含めみんなが打者として成功すると思ってやってきたのだから全然無駄じゃないでしょ。 ただ打者としてより投手としての方が無限の可能性を秘めてるのは間違いないだろうね。 名のある現役投手や引退した投手、OB、等がピッチングフォームは直す所はないと口を揃えて言ってるし球の回転数もすでにプロの投手の平均よりかなり多くレベルが高いらしいから来年先発するにしてもリリーフをするにしても楽しみでしかないね。

ちょっと前の野球中継で前監督の与田さんが解説の時に根尾の話をしていた。 与田さんの時にも根尾を投手に、という話が出たようだが結局決断はできず 野手としてプレーをした。 それは与田さんが野手としての可能性をまだ見ていた、という事だろう。 しかし、立浪監督は昨秋のキャンプの時点で、投手変更の可能性を 既に根尾に伝えていた,と言う。で実際紆余曲折はあったが投手起用を 選択した。この点についてはかなり評価をしたいと思う。 後は、根尾が今後はつらつとプレーを続けていける事を祈るばかり。 将来、先発根尾が9番でHR打って、「1-0」で完封勝利なんてしたら 最高だけどw それを夢見て見守ります。

当初、根尾選手が投手登録となった時は批判が多かった。 立浪監督への批判も多かった。 だが、今はどうか? 根尾自身の努力も大きいかもしれないが、 投手根尾のほうがプロ野球の世界で活躍できると判断した、立浪監督の先見性と英断が大きかった。 普通ならできない決断。 勇気を持って決断した、立浪監督がもっと評価されてもいいと思う。 厳しい船出となった、やることが多く、上手くいかないことも多いと思いますが、立浪ドラゴンズを応援します。 シーズンの後半に先発根尾が見たい。 来季を見据える上でも。

プロで3年間トレーニングや経験を積んだことは全く無駄とは思わないし、肘・肩を浪費しなかったことも悪くないと思う。 本人も投手としてプロでやる可能性があると感じていたからこそ、ブルペンで投げていたし、それを周りも知っていたし、評価もされているとも感じていたんだろう。 中日には野手よりも投手のほうがOB、現役とも手本となる選手が多いと思う。

逆に今投手に転向して良かった事も多いと思う。 ある程度プロの身体になった今の方が故障のリスクも少ないと思うし、この先長いプロ野球人生と考えたらこれまで野手としてやってきた何年かは決して無駄にはならないと思う。 どちらにせよ根尾が投手でいくと決めたのだから、前向きな考えで応援するしかない。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる