MENU
SNS情報まとめサイト『どスポ』はこちらをクリック!

立浪ドラゴンズ最下位で前半戦を終了~新監督を襲った最大の誤算とは?

Yahoo!ニュース
立浪ドラゴンズ最下位で前半戦を終了~新監督を襲った最大の誤算とは?(CBCテレビ) - Yahoo!ニュース 立浪和義監督が指揮を取る新生・中日ドラゴンズが、2022年ペナントレースの前半戦を終えた。オールスターゲームをひとつの節目とするから、こういう表現になるのだが、すで...


4番ビシエドの不振も大きかったのでは。 中日打線において長打を期待できる数少ないバッターだったのに、そこがなかなか機能せず、代わりを任せられるようなバッターもいない。 得点力不足なのは分かっていながら補強を怠ったフロントの責任でもあるので立浪監督を責めるのは酷なんだけどね。 首位ヤクルトに対して唯一勝ち越すなど投手陣は頑張ってるだけに、打線をどうにかしないとね。 オールスター休みを利用してのチームの立て直しに期待してます。

誤算は必ず起こることその手当をどうするかが監督の腕の見せ所。 まず監督はどういうチーム作りをしたいのか?顔ぶれを考えれば投手を中心に守り勝つ野球なんだろう。 投手は高橋宏斗が急成長を見せ、同い年の上田も一軍で先発をしている、リリーフでは清水が頭角を現し、根尾も可能性を示し始めている。投手陣には明るい兆しが見え始めているが、野手は岡林が外野の中心になりつつあるくらいで明らかに人材不足。本来なら立浪チルドレンみたいな選手たちが頑張ってもらいたいがそういう雰囲気もない。 最大の誤算はこんなに点が獲れないんだということではないか?その知恵を首脳陣とよく考えてもらいたい。

初年度ですし、監督として実力不足に尽きるのではないでしょうか。ヤクルト高津監督も初年度最下位でしたしね。「誤算」はどのチームにもあるよ。ヤクルトも投打で怪我人出してましたが全く感じさせないですね。厳しい面もあるのでしょうが、胆力というか監督が選手を信頼しているのが伝わってきます。 コーチや2軍監督がないままマネジメントの最高責任者を務めるのは、よほどのマネジメントセンスがないと無理。今年は仕方ないと思いますが、コーチの仕事はコーチに任せて早く監督の仕事をしないと、来年以降も成績は上向かないと思うよ。

「戦線離脱した選手が多かった」 と言う人も多くいます コロナの感染者は他球団と比べれば少なかったと思う ケガに関しては練習量の少なさが原因とも言われている 他球団と比べて不慮の戦線離脱は少なかったと思う それでも昨年よりも成績が低下しているのだから、戦力以外にも勝てない原因があるはず その勝てない原因を究明して、解決しない事にはチームが浮上する事はないでしょう

故障やコロナなどの離脱が多く、ほぼきちんと戦力が整うことがなく、立浪監督には厳しいスタートになってしまった。 特に立浪監督政権、最大の目玉であった石川昂弥選手の長期離脱は本当に残念。 しかし、岡林選手の成長、清水投手、ジャリエル投手の配置転換成功など、上手くいってることもある。 それに、なんと言っても根尾選手の投手転向。 これは、今の時点ではまだ結果が出ていないので、なんとも評価はし難いが、 後々、大成功だったな。と言われるような采配になるかもしれない。 立浪監督政権の下で、岡林選手、石川昂弥選手、鵜飼選手、高橋宏斗投手、清水投手、根尾投手など、 今の時点ではまだ結果が伴ってなくとも、後のドラゴンズ黄金期を支えるメンバーが育ってくれることを期待したい。 それが2年後になるのか、立浪監督が去ってからになるのか、わからないが、 その頃に立浪監督の評価が上がると私は思っています。

去年から絶望的な打撃陣は補強ゼロなのに育てていた石川昂は故障、覚醒を期待していた高橋周、京田は揃って不信でビシエドもイマイチ、そんななか岡林の台頭と阿部の復活は数少ない光明、投手陣に関しては祖父江と福がこれまでの累積疲労なのか不調を清水とライデルのリリーフ起用で乗り切り、先発で高橋宏が順調に育っているのは良いと思う、コロナの再拡大で今後が不安定だけど今はとにかく来年以降に使える戦力を少しずつ育てて行くしかないと思う。

二遊間の誤算というが、セカンド・阿部が離脱したのはほんの僅かの期間 しかも、戦前の構想では阿部はレフトでセカンドは周平の予定だったのが、周平が怪我をしたので渋々阿部をセカンドにしたまでの話 チームの歯車が狂って行ったのは、周平の時期尚早とも言える一軍復帰と執拗な重用からで、彼がいなかった頃の奮闘があるから借金12で「済んでいる」 周平の重用は、根尾を敗戦処理に回してまですべきことだったとは思わない もっと言えば投手の練習をちょっとしかしていない根尾よりも凡百の投手ばかりのチーム、育成選手が2軍の試合を回し続け、ドラフトの上位で取った投手はまるで通用していない すべてが立浪のせいとは言わないが、情けない限りじゃないか

というか、過渡期の新任監督なんてそんなものだと思うが。チームを把握するのは1年かかる。今のドラゴンズは得点力がない(得点リーグ最下位)。長距離砲候補の石川も怪我で手術だったからね。今のNPBなんて現場とフロントの二人三脚。今期の反省を生かして、立浪監督とフロントで新しいチーム作りをしてほしい。

最大の誤算はフロントの介入かもね。 ノリをコーチにして打撃、特に長距離打者を育てようとしたのだろうが、フロント、多分、仁村の介入でノリは二軍コーチに。 それから打撃陣は低迷、去年の超貧打線に戻ってしまった。去年はそれでも投手陣が頑張ったが、今年は投手陣も低迷。監督とフロントで目指すチーム像が違ったようだ。 確実なのはフロントが目指す単打で繋ぐ野球を目指す限り中日に浮上の可能性ない。

とりあえず阿部が戻ってくればセカンドになるでしょう。3番は木下でなんとかなりそうということで、部分的に問題は解決しそうです。とはいえ相変わらずホームランバッターがいなくてバラバラに単打しか打てない水鉄砲打線に変わりはなく、ローテーションを支える先発で貯金ができないという構造的な問題は、今年はもちろん長期的にも解決の兆しが全く見られません。高橋宏が毎週勝てるようになって、鵜飼石川がスタメンに戻るのは来年以降の話でしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる