MENU
SNS情報まとめサイト『どスポ』はこちらをクリック!

トレードとは相手の需要を満たせて初めて成立するもの。 今の中日に「他が欲しがる選手が居るか?」の大問題が。

トレードとは相手の需要を満たせて初めて成立するもの。 今の中日に「他が欲しがる選手が居るか?」の大問題が。 交換要員が投手なら他球団の食指も動く可能性はあるが、野手は絶望的。 阿部・木下の主力クラス、岡林のような先の長い若手、怪我で来年今頃までプレー出来ないがプロスペクトの石川昂弥、守れるショートが欲しいなら京田くらい。失礼ながら商品価値の高い選手がほぼゼロ。 見出しの高橋周平はFA権を取ったばかりだが、今年の成績も低迷ではトレードでまで欲しいとは思わぬ上、FAの心配で負担にしかならない。 野手の交換要員は壊滅的で、野手でトレードをしようとすると結局現在のチームの主力クラスを出さねば成立しないので八方塞がりかと。 それこそ柳で一軍のレギュラークラスと若手一人の野手2人とか、そういう トレードでないと野手の補強になるトレードは成立しないはず。

高橋周平は、「ある意味」安泰だぞ。だって、あんな成績でトレードとして欲しいと思っている他球団があると思うか?正直言って、今の中日の野手陣でトレードで欲しいと思う選手って皆無だろうな。何故なら、トレードで獲得するという事は、相手球団側もそれなりの選手を放出しなければならないが、中日から獲得出来る選手が活躍出来るとは思えない。まあ、主力ではない選手同士の交換トレードなら有り得るだろうな。 逆に言うと、今年のシーズンオフに相当の数の選手を戦力外にして、大胆に血の入れ替えをしないと。特に堂上直倫。坂本と同期とは思えない。況してや3球団競合・抽選で獲得した選手としては、余りにも情けない成績。もう十分だろう。

立浪監督にそんな力ありますか? 大型トレードするなら、今シーズンにしてるでしょう。 外国人も補強せず、新人任せの入れ替え、誰が考えてもこの成績になるでしょう。 まして、今の中日の選手の誰を同等の選手を出してまで欲しがるの? 打者はチャンスに打てない、投手はピンチを押さえれない、どこも要らないって。 ホームランテラスを作るとか根本的に選手の意識が変わる事をしていくべきだと思います。 打者が点を取ると投手も良い投球ができるようになるはず。ヤクルトのように。

シーズン中の大型トレードはなかなか厳しそう。それなら万年Bクラスで明らかに補強が必要だったシーズンオフに何故手を打たないのか?それは去年だけの話ではなく。ドラフトと育成レベルの外国をお茶を濁す程度で獲るだけ…。これが毎年優勝争いをしていて戦力も充実している球団なら今ではなく近い将来のために次代の戦力の育成でよいがこの球団はそんな悠長な事をしている場合ではない。起用采配の問題はあるにせよ明らかにシーズンを戦うだけの戦力がない。それをわかっていて補強しないのだからこれは明らかに球団経営の怠慢。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる