MENU
SNS情報まとめサイト『どスポ』はこちらをクリック!

トレードするにも交換人員がいない。石川選手や岡林選手や高橋投手なら欲しい球団はあるでしょうが。

トレードするにも交換人員がいない。石川選手や岡林選手や高橋投手なら欲しい球団はあるでしょうが。監督のせいで選手がやる気を無くしているというコメントがあったけど、そんな事して成績落としたら給料が下がるだけで何の得もないし、むしろ球団には好都合になってしまうので、無いと思います。逆にこういう状況だからこそ自分の給与を上げることだけ、自分の成績を上げる事だけを考えてそこにに全力傾けてもチャンスだと思いますが。やる気なくすなんてありえないと思います。もしかしたら球団はこういうことを予測して来期までにいらない戦力はバサッと切って給与も落としてその浮いた資金でつぎ込んで戦力強化して来年立浪監督に花をもたせると考えているかも。

既にトレードをしても現状は変わらないと思う 実質今の一軍は他所で言う2軍レベル 大島やビシエドぐらいなら他球団でも欲しいかもしれないけど今のメンバーでトレードしても他球団が1軍レベルでスタメン張れる選手をくれるとも思わない 現場の波留森野コーチとか解任して違うコーチを連れてくるとか 全然戦力補強に本腰を入れないフロントを変えて血の入れ替えやFA参戦ぐらいしてチーム改革しないとほんとに無理だと思う 資金に厳しい中日新聞より愛知には超有力企業がいるんだからそこに身売りして大幅資金集めができる親会社にしないと無理だと思う

今年FA取得予定の周平とのトレードでとれる選手なんているのだろうか・・・ そもそも、大型トレードになるだけの大物選手がいない。 柳と大野ならどこの球団でも欲しいと思うが、出せる選手ではない。 大島は36歳と年齢がネックで欲しい球団は限定的。 あとは、元大物選手かこれから大物になるかもしれない選手ばかり。 今の京田や平田だと、交換相手に今の大物を願うのは難しい。 小笠原、高橋、石川をトレードに出すのは、今年優勝をするための即戦力を希望する時以外はありえない。 しいて言えば、名前だけなら根尾が大物なので、 伸び悩んでいるドラ1クラスの若手をとれるかもしれないけど、 球団が手放すかどうかはフロントの考え方次第になるのでこれもまた難しい。

星野さんが、落合さんを獲った時のトレードは、地元で人気のあった牛島、上川を出したからファンは結構衝撃を受けてたよな。 新庄も大型トレードに言及してるし、水面下では話もあるんだろうな。 実現にはハードルがあるだろうけど、活性化って言う意味では、物凄く効果はあると思う。

うーん、中日で他球団が欲しがる選手ってだれだろう 去年までなら中継ぎは豊富だったから山本や清水、田島とかも駒に出来たろうけど、今年の惨状を見るとむしろ補強ポイントですらある 逆に唯一捕手だけは戦力が過剰かとは思う。木下があと5年くらい居座り、次期捕手の石橋にある程度目途が立ってきたことを考えると、郡司、桂あたりは出してもいい。加藤みたいに重宝されるかもしれない。 周平に関してはそもそも欲しがる球団あるのかというレベルかな。今年FAだけどもし宣言しても手を上げるところあるかどうかという。

大型トレードしてでも戦力補強して戦える集団になるならありだと思います。でも、相手がみんなもビックリ大型選手出してくれても今の中日に相手も納得してくれるみんなもビックリ大型選手がいるのかが疑問です。超ビックネームを引っ張ってくるなら今の中日なら若手有望株数名だすしかないと思います。でも保守的なチームの中日ドラゴンズにはそんなトレードに踏み切る勇気ないと思います。

ヒットの殆どが単打だと、1イニングに四球を絡めるか、3、4本のヒットが出ないと、得点できない。 このまま得点能力が著しく劣っている状態が続くと、これまで踏ん張ってきた投手陣の緊張の糸が切れて総崩れになってしまう。 大型トレードと言っても、他球団が欲しがる選手がいるのかな。 世代交代、的確な育成を怠ってきたツケが出てきている。 今は、ベンチを信じて、腐らず、役割を必死にこなしていくしかないと思う。

確かに点が取れないのも課題ではあるが、一番の課題は投手陣だと思う。 大野投手、柳投手の左右の両エースで貯金10、勝野、福谷の両投手で勝率五分、松葉投手で少し貯金を作ってもらって、高橋宏投手や今年先発転向した投手たちに登板機会を与えて、少し借金ができたとしても、今シーズンは貯金生活できるかなと、 素人ファンの分析で申し訳ないですが考えてました。 まず、それが全く機能していない。大野投手は相手もエースの時が多く仕方ないと思う時があるが、日曜登板の柳投手が上手くいっていない。 勝野、福谷投手も怪我や不振で計算が狂い、先発転向した投手がことごとく良くない。 松葉投手は期待通りで、高橋宏投手は期待以上。 今季半分終了時点で、やっぱりこう振りかえると痛いのが、柳投手で貯金ができてないことと、勝野投手、福谷投手、あと強いて言えば笠原投手の怪我や不振。 まずは投手陣の整備をお願いしたい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる