MENU
SNS情報まとめサイト『どスポ』はこちらをクリック!

根尾投手は大阪桐蔭高の甲子園優勝投手であることを思い出して欲しい。

根尾投手は大阪桐蔭高の甲子園優勝投手であることを思い出して欲しい。 満員の甲子園でも極度の緊張なしで優勝に大きく貢献した実績。度胸満点。  立浪監督が野手から投手起用に転換表明した後に、選手の素質を見抜く先見性の持ち主と評判のダルビッシュ有が根尾投手を伸びしろしかないと絶賛。(ドラゴンズのOBの山本昌・競馬予想のテレビ出演多数や山崎氏が根尾投手の球は投手の球でなく野手の球と評価しないアホな意見を言うOBもいたが、だからコーチの依頼がないのだよと私は山本昌と山崎氏に言いたい。)  根尾投手はどちらかと言えば先発より、楽天の抑えの松井投手のように、 抑えやセットアッパーが良いと思います。  北海道日本ハムの吉田輝星はプロ入り後に中継ぎや抑えだと活躍できるが、 先発だと失敗が多いようです。阪神の藤川球児も抑えで 成功してるように適材適所を見極めれば根尾投手は大活躍するでしょう。

甲子園でも多くの登板をしてきた根尾くんですが、私にとっては、2018年センバツの対三重高戦がとても印象に残っています。5回から延長12回まで1点ビハインドでのロングリリーフ、もう1点もやらないと気迫溢れるピッチングで、土壇場9回での同点、12回での逆転サヨナラ勝利を導きました。 すごい集中力で、とてもカッコ良かったです。これからもあの集中力で投げ込んで欲しいです。

根尾くんの投手適性は思った以上に高いみたいだね。 だからこそ言うが、投手としてのトレーニングを積んでいないのに、一軍でバンバン投げさせるのは危険じゃないか? 体作りをやらないと、肩やら故障が早期に出るかもしれんよ。 適性は十分見せつけたから、ここからは投手としてプロ生活を全うできるようにするための、投手としての体作りをを優先することを薦めるよ

緊迫した場面で投げるほうが、根尾選手のモチベーションも高まるだろう。 高いモチベーションで投げることが、さらに根尾選手を成長させることになると思う。高校時代数々の修羅場を経験してきたことを自信にさらに成長してほしい。修羅場の経験は高校・プロ関係ないと思う。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる