MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

根尾昴 昨年と大きな違いは行動が早い、敏感に反応すること。

昨年と大きな違いは行動が早い、敏感に反応すること。根尾がだいぶ落ち着いて打席で雰囲気を感じれる、でも外野は層が厚くなりつつある、ならば1番不安定で(長所と短所の差が激しい)ショートが手薄、これで京田が刺激を受けてもプラス、根尾が掴めばなおプラス、終盤渡辺のように守りだけでもいい(京田)昨年であれば根尾が下でショートはないと思う、機敏な対応さすが立浪監督以下首脳陣だと思います。

遅かれ早かれ必ずこうなると確信していた。だから去年からずっと言い続けた。
守備についてはやればやるほど上手くなるから心配ない。
打撃も最近イチロー的な「線」で打つ形に似てきている。
イチローはときに地面に着くような球を振り、
変化球を待って速球に対応する、という常人には難しい打法だった。
いわば立浪の打法とは真逆と言える。

いろんな誤算が重なったからかな。
思ったより外野陣が揃ってきてなかなか起用ができない。守備はすぐにでもゴールデングラブ賞を取れるだろうけどね。周平が戻ってきたらさらに激化。
京田が打てなさすぎ、土田が思ったより伸びない。ショートがやや手薄。
根尾の打ち方がだいぶ目処がたってきたから使いたい。1度根尾のショートでの守備力を確認というとこでしょうかね。
私のイメージは動きが固い、送球難というイメージですが。果たしてどう判断しますかね。

これが普通だよ。当然片岡の独断ではなく、立浪の指示で動いてる。

今一軍で一番狙えるポジションはショートなわけで。根尾はどのポジションも出来るならその利点を活かさない理由はない。 

森野や荒木もそうやってポジション勝ちとったわけだし。

これで京田の負けん気に火がついて、結果出せばいいし。

根尾より、京田への影響に期待する。

これが野手としての最後のチャンスだろう。
来年は同年の大卒が入ってくる。今のところ伸びそうにない根尾より打てる大卒を取った方がチームは強くなる。
今年野手として結果が出せなければ来年は投手転向になると思う。

今年は外野でって事だったけど
岡林勇希、鵜飼航丞、アリエル・マルティネス、平田良介がいる中でスタメンの順番は最後になる

幸か不幸か京田陽太の打撃が非情に悪い
昨日はタイムリー打ったが凡打の内容がね…

監督の中で三ツ俣大樹、堂上直倫はもう構想外なんだと思うよ…
確かに京田よりは打つと思う、でも将来考えたらその二人より根尾昂を使おうってなってもおかしくない

ワシは土田のショートは評価していない、ハンドリングは上手いんだけどスローイングが弱すぎる…
確かに根尾昂の動きは土田より硬いんだけど強い球投げれるんだよね。これはもう才能

ショートは土田より根尾昂の方が将来性はある

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる