MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

シュートは普通と逆の腕の使い方をするから、最悪一つ失うどころじゃ済まなくなるデメリットがありますからね。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュース Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

シュートは普通と逆の腕の使い方をするから、最悪一つ失うどころじゃ済まなくなるデメリットがありますからね。シュートやシンカーを覚えてストレートやスライダーのキレがガタ落ちした投手はプロにも結構います。
そのデメリットを考えた上で、大野はシュートにあまり乗り気じゃないのでしょう。

最近だとシュートピッチャーはかなり減ってて、ストレートと同じ振りでシュートやシンカーに近い働きを持たせられるツーシームやワンシームが流行ですし、立浪のご機嫌取りのためだけにシュートにこだわる必要はないでしょう。

シュートを覚えようとして、球速を落とす投手が何人もいたのは事実ですしね。
1つのモノを覚える代償が無ければ、習得に励んでも問題はないでしょうか。
ストレートの球威が落ち、ファールを稼げなくなった時こそシュート習得の時期かと思います。
時期尚早かも知れませんね。

大野にはシュートより大きく割れる左腕特有の
緩いカーブを習得してもらいたいねぇ。
理想のカーブは都 裕次郎のカーブだな。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる