MENU
ドラゴンズの試合中継を無料で見るにはこちら

2人の“星野イズム”継承者とは

落合さんは大嫌いだったよね。星野さんの事。
暴力が嫌いな落合さん、選手はビビって試合してたよと言ってた。
『静と動』対照的な監督だったな。
立浪監督にはいいとこ取りの監督になって欲しいな。

立浪監督は星野さん、落合さんの両氏に仕えて
良いこと悪いこと色々学んだはず。
いいとこ取りすればうまくいくかも。

星野さんが亡くなる前年、中日関連の番組や試合のゲスト解説にけっこう出ていた、特に特番で立浪さんと井上一樹さんに叱咤激励していたのが印象的だった。

平石氏が選手を引退したのが2011年オフであれば、2011年の1年間は星野監督のもとで選手をしていると思いますが。

『星野イズムの継承者』 
与田が監督に就任したとき、たぶんマスコミの誰かがそう活字にしたのだろうが結果論から言えば与田の何が『星野イズムの継承者』だったのだろうか?
まあ、与田が結果を出してさえいれば無理矢理こじつけてでも肯定出来たかも知れないが、結果が全ての世界だからね。
あの黄金期PL学園の主将で事実試合中に守備の指示などを出していた等の指揮官としての下地を持ち、星野&落合の下でプレーして来た立浪だけに『星野&落合イズムの継承者』として存分に采を振るって欲しい。

星野仙一さんを語るには高校時代の野球部の監督をなくしては語れないと思います。
ここ1番というところで仙一さんは俺に投げさせてくれ、、、熱血漢の仙ちゃんですからね当然そうなります。
監督は仙一さんの肩を考慮してストップをかけました。
肩を壊してはプロになれないからな。
星野さんが後日談として語っておりました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる