根尾は客を呼べる選手、石川は大きいのが打てる風格のある打者

根尾は客を呼べる選手、石川は大きいのが打てる風格のある打者

いずれは3番4番でチームをけん引してほしい。

石川はともかく、根尾は来年が正念場。結果を残さないと居場所がなくなる可能性がある。

練習は嘘をつかない。
今の練習が土台となり来季への活躍に繋がること期待しています。

立浪の中ではセカンド石川かな?阿部もホームラン16本打った実力者で守備力も高い。ここを超えられるかだね

立浪の中ではセカンド石川かな?阿部もホームラン16本打った実力者で守備力も高い。ここを超えられるかだね

来年は必ず4番サード石川の誕生を!ビシエドは5番で3番は新人の3人からブライト、鵜飼、福元に。ソフトバンクの柳田タイプの福元が良いかもね!新外国人は6番あたりかな?ドラゴンズを代えないと!

2人とも、次の課題は来月からのオフをどう過ごすかでしょうか。というよりどう鍛えるかと言った方がいいと思います。頭を使ったトレーニングもしてほしいところです。
監督もこのオフにゴルフコンペなどに明け暮れておらずに、監督業を勉強するだとか、相手チームを研究するだとか、時間を無駄にせずに来季に備えてください。

残念ながら根尾、石川昂弥は一軍のレベルではないと思う

育成目的でスタメンで起用する事もアリだと思うが、それをやるとチーム力が明らかに低下する

他の野手で補う事ができれば良いが、現状それを望むのは酷だと思う

チームとして負ける事を前提で起用し続ける方法もあるが、それでは選手は育たない

その他の選手のヤル気も無くなる

結局は一軍で通用するだけの実力を身につけてから、一軍で起用するしかない

そのために先ずは、二軍で結果を残す事が優先事項ではないのでしょうか?

マスコミ、ファンは「早く」と煽りますが、根尾、石川が本当の一軍の戦力になるのは早くて5年後くらいなのかな?
と思っています

当然です。
朝8時からランニングして深夜1時まで練習してやっと一軍帯同入りのスタートラインに立てると思った方がいい

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる