来季はライト岡林、センター大島、レフト石川昂!?

弱いチームなんだし基本全ポジション競争で良いと思います。新監督になるし良いチームにはチャンスしかない。まずはこのチャンスを物にしてこそ。高橋も今年の成績では聖域ではない。取るか取られるかの競争は絶対必要。

ビシエドが残留してくれるとしたら3番か5番に置けるように、大砲がいるといいのだか。ビシエドは本来4番タイプではない。

石川君はぜひサードを狙ってほしい。
周平を超えるなんてそう遠くない。
サードは周平、石垣君、石川君で横一線から競争してほしい。

石川、レフトもいいけど、まずはサードを第一で狙って欲しい。
去年の今頃は、サードには周平という高い壁がいるので、周平からサードを奪うのは簡単じゃないだろうと思っていたけど、今ではまったくそうでもなかった。
来季のスタメンメンバーを、簡単に絞り込めるようでは困るので、開幕直前まで迷うぐらいに、どんどん選手層を厚くして欲しいものだ

いつまでも1番センター大島、4番ファーストビシエドが当たり前なのがね。もちろん2人とも良い選手なんだけど、年齢を考えればそろそろ2人を脅かす選手が出てきてくれないと。
ただ現実的にはまだ2人をベンチに追いやるような選手はいないから、この2人と木下以外が横一線で秋キャンプからスタメンを争うことになるのかな。その競争の中で2人を脅かすくらいの選手が出てきてくれれば。

石川にはサードを周平と競ってほしい。
立浪の言う石川セカンド案は体格から怪我リスクが高まるし、外野は読谷キャンプで直倫と遊び半分の練習でやっていたが2人とも内野向きの動きだった。
守備範囲は広くないがスローイングはわりと安定している。ハイレベルな打撃力のセ・リーグのサードの面々を見るとサードにはコアプレーヤーが必要で、そこは競争してほしい。

立浪監督が監督の要請を受ける前に、あるテレビ局の公式YouTubeで井端氏と話してた。
レギュラーといえるのは、大島とビシエドだけだと。
ショートはとにかく守備だとも言ってたので、候補の一番手は京田になるんでしょうかね。
とは言え、横一線でスタメンを競い合ってほしいですね。

高卒の若い子達に期待したいのは分かる。
球界の顔になるような選手、古くは松井秀喜さんや、現役ならG坂本、C鈴木誠也、S山田哲人、村上といった、トップオブトップになるような選手は概ね高卒3年目くらいにはレギュラーを奪っている。そういう「固まったらこの先10年安泰」のような選手はどこも欲しい。

このコラムが書かれたのがドラフト前だっただろうから新戦力の事が入っていないが、まずは今年のドラフトで獲得したルーキー達がカギになるのではと。
大卒スラッガータイプの外野手を3人も獲得。これは普通では無い非常事態の表われ。
まず彼ら3人のうち、誰か一人、1年目からでも名古屋の球場の広さを考えても15HR以上打つくらいが理想でレギュラー獲れるなあという形になるのが理想的かと。
その間にセンターは大島と岡林くんなり、足や肩のある若い選手への緩やかな移行が出来れば理想的なのではないかと。

正直、今の周平ならサードのレギュラーとして使う程の価値はない。
サードに2割5分の単打マンを使うより、未来を見据えて石川昂をサードで使って欲しい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる