平田もこのまま終わってしまうのか

2011年に加藤球で11本塁打打った時は期待した
その後伸びなかった理由を突き詰めた方がいいな
周平や直倫達がピリッとしない理由にもつながるかも。

コロナ禍で難しい調整の過程を踏んでいるのは平田だけではなく、プロ野球選手全員が同じ。
もっと言えばアスリートを生業としている全ての人が同じ。
結果が出ずに淘汰されてしまうのは平田に限らずだし、結果がでないのはやり方が悪いと切り捨てられるのは仕方ない。
サラリーマンだって営業担当で成績悪ければ、ボロクソに言われるんだから。
やってるやつはやってる。やれてないやつはそれなりの理由が必ずある。
努力してるのに…っていうのは与田が節穴か平田のサボり方が上手いかのどちらか。

エンジンの出力に、ボディが耐えられないってことか。
スペ体質だとか、練習不足だとか言う人も居るけど、野球に限らず、こういう選手は少なくない。
平田の場合に、そこにさらに、太りやすいというのも加わるから厄介。
ポテンシャルからすれば、こんな成績で終わっちゃいけないし、勿体ないけど…

平田は痛みに弱いって聞いたことがある
デッドボールを受けて打撲だったとしても何日経っても本人が痛いと言っている以上は試合に出せない
走塁での足の肉離れとかもやってしまうとその後はなかなか復帰できない事が多い
痛みは本人にしかわからないから何とも言えないが1年ごとの単年契約の選手は少々痛くても我慢してでも出ないと干されてしまうが平田は複数年の大型契約だったからかなぁ⁈
って邪推してしまう
確か今年が契約最終年のはずだしこのまま2軍で今シーズンが終わってしまったらどうなるんだろう⁈
ある程度の覚悟はしているんだろうか⁈

私はドラゴンズファン。平田選手は落合前監督も右に大きい当たりを普通に打てる打者。日ハムの中田も大阪桐蔭の右打者では当時並み外れの打者だったと評価した打者だったが今は目も当てられない状況。脚をガニ股にし独特の構えにしてからは成績は下がる一方。また平田クラスに指導を出来る実績の有るコーチがいないのもドラゴンズの現実です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる