ビシエド重傷か

ビシエド重傷か

目次

怪我の経緯

左肩を痛め戦線離脱中のビシエドは重傷だった

 

 

ビシエドは10月28日の阪神戦(甲子園)の8回の守備で、一、二塁間の打球に飛び込んだ際、左肩を痛めた

 

翌29日に出場選手登録を抹消され、球団からは「上肢のコンディション不良」と発表されていたが、詳細は左肩脱臼だった

 

 

怪我の状況

脱臼は、2週間ほど腕を固定し、その後、肩周りの筋肉を徐々に鍛えていく必要があるとされる。時間を要する上、今オフは短く、来春キャンプインから通常メニューをこなせるか微妙な状況

 

 

 

 

ファンの声

 

度重なる左ひじへのデッドボールもあったし、左腕はだいぶ痛んでたんじゃないかな?
ここまで来たら、まずは完治最優先で
優勝にはビシエドが必要だ

そして、来季ビシエドが帰ってくるときには、さらなるパワーアップしないとレギュラー取れないな、と思わせるくらいの下からの突き上げがあるとなおいいな

 

 

逆に無理に間に合わせようとせず、万全になってから復帰して欲しい。他にも死球の影響もあったはずで、この際しっかりとケアをして充分なリハビリをしてからでいい。
2人が遅れるとなれば右の強打者が必要。
内川選手の獲得に全力を挙げて欲しい。

 

 

ビシエド選手は今季、怪我が多かったですが
たとえデッドボールがあっても笑顔で相手投手に
「大丈夫」と素振りをしていて本当に良い選手、いや
素晴らしい人間だなと思いました。ビシエド選手はドラゴンズの
優勝に欠かせない存在です。今回の怪我もチームのためにした
全力プレーをした末の事です。長くなりましたが、じっくり怪我を
回復させて戻ってきてくださいね!

 

 

チームにとっては非常に痛いが、これはいるメンバー全員でカバーしていくしかない。アリエルは一塁を守れるが本職は捕手、やっぱり一塁にはホームランを打てる人が欲しい。

 

 

ビシエドはキャンプは無理しないでいいので治療に専念してほしい。
アリエルにはキャッチャーは勿論だけど
キャンプではファーストの練習を本格的にやって欲しい。
あと、石川昂もファースト出来るようにスタンバイして欲しい。

 

 

中日のピッチャーはビシエドが当てられでも全く相手を攻めない。当てろとは言わないが、厳しい攻めは必要だ。こちらの4番に当てたら、こちらの4番が危険に晒されると思えば少しは躊躇するはず。
今年の巨人は相手に当てまくって、しかし、もらった死球はリーグ最低らしい。それがそのまま成績に反映している。
外国人には何故自分を守らないのか?と怒りだす選手もいるから、考え直すべきだ。

 

 

脱臼ですか、、、
ビシエドの今のバッティングスタイルだと、
しっかりと治してからじゃないと思いっきり振れなくなる可能性が出てきましたね。

近年だと、吉見さんや浅尾さんなど力のある人達が苦しんだ怪我。
焦りを抑えてしっかりと完治させれるかどうか。
こんな時こそ球団側が、選手を安心させてあげれればと思う。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる