MENU

アキーノはメジャーデビューの頃は将来のスーパースターを嘱望されたメジャーでも有望な選手でした

アキーノはメジャーデビューの頃は将来のスーパースターを嘱望されたメジャーでも有望な選手でした。ただし翌シーズンから3年連続打率1割台の体たらくでFAになり実質メジャーをクビになって日本の中日に来る事になりました。例え選手として若くてもバッテング技術が衰え落ちている現状では全盛時の頃の打棒が復活する事は日本といえでも難しいと思いますね。

アキーノの打撃フォームを見る限り クセが少なくて、たくさん三振するような打ち方じゃないみたいので ボールに手を出さなければ大化けする可能性大だね 3Aでは打っているので、メジャー特有の変化球に対応出来なかったかな 守備も強肩なようなので、外国人選手としては問題なく使えそうですね 日本人投手のコントロールさえ対応出来るようなら、三振も少なく打率も上がる可能性がありそうです それと160km近い強肩は見てみたい

中日がアキーノのような大物を獲得するのは異例だね。 やはりこのオフは本気度が窺える。 コンパクトなスイングで豪快な打球を飛ばすところが来日当初のブランコと似たところがある。また守備力もあって肩の強さもえぐい。身体能力は抜群の選手だよな。 ただし、このクラスは仮に活躍しても1年でメジャーへ出戻る可能性が十分あるだろう。まだ若いし日本の野球を吸収して確実性をアップすればMLB球団が当然興味を示す。金じゃ到底太刀打ちできないからね。 最悪1年間でもいいから華々しい活躍を期待したい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次