MENU

今日から始まった秋季キャンプに呼ばれなかった京田陽太

Full-Count(フルカウント) ― 野...
5月に“強制送還”京田は参加せず…中日の秋季キャンプ、根尾らメンバー22人発表 中日は30日、11月2日から沖縄で行う秋季キャンプの参加選手22人を発表した。若手中心のメンバーとなる中、来季12年目となる高橋周平内野手は、秋季教育リーグ「みやざきフ...

京田、そろそろ限界か?打撃はともかく守備では信頼できるはずだったが今年は攻守ともに精彩を欠いた。土田も台頭しつつあるし今年のドラフトでは二遊間を大量に獲得した。 個人的には誹謗中傷は気にせずずっと応援してきた選手ではあるが、環境を変えたほうが本人のためか?もしドラゴンズに残るなら、打撃は捨ててセカンドもサードも守れる守備職人を目指すしかないと思うのだが本人はプライド捨てられるかどうか。

京田に対しての個人的な批評は別にして フェニックスにも行かず、秋季練習でも フリー組でキャンプのメンバーに入っていない。 事実だけ並べればこの選手に指導するのを 首脳陣は諦めたと思ってしまう。 もともと潜在能力は高い選手のはずで それを覚醒させる為に今年はかなり厳しい 刺激を与えていたのだけど実を結ばなかった。 ならば本人の為にも、環境を劇的に変えることに チームは踏み切ったのかもしれない。 あくまで個人的な憶測ではあるけど。

打球への反応が良くて、肩も強くて、ショートの後ろの方で守ってもバシバシアウトにできるのは魅力。これで初年度のように2割7分後半なら主力だが、今季のような感じではね。 守備はまだまだ軽率なところはあるが、動きが軽快で、投手のピンチには積極的に声がけに行き、チャンスでは勝負強さを発揮する土田がいれば、相当打撃で盛り返さないと難しいよね。 自分より若手の二人が四球で出て、その後に一球でゲッツーとか、あれでは流石にね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次