MENU
SNS情報まとめサイト『どスポ』はこちらをクリック!

昨日の中日もヤクルトも、4番が打てば勝てる!という試合でしたね。古い考えかもしれないが、4番はやっぱりただの4番目のバッターというわけではないと思う。

昨日の中日もヤクルトも、4番が打てば勝てる!という試合でしたね。古い考えかもしれないが、4番はやっぱりただの4番目のバッターというわけではないと思う。主軸であり希望であり、チームに勢いをつける役割と責任を担っている。打てない時のプレッシャーは半端じゃないと思うが、1人の力で試合をひっくり返す影響力がある。4番に座るのは、そういった魅力のある打者なんだろうね。

疲れも半減、選手はそれ以上に疲れ切っていました。 監督は疲れてもいいですよ、解説というマスコミとの疲れのはけ口があるから。監督が少しでも気が晴れるなら全くとは言わないが、もう今後は選手への微に入り細に言っての解説、少しは遠慮してね。その替わり「一戦一戦必死に勝ちに行く」そういう言葉でどんどん活気付けてよ、選手だって生活掛かってんだから少しでも活躍して年俸上がった方がどれだけ嬉しいことか?もう本番でファンと一緒になって、今後に期待し、新人を三番に起用するような遊びはやめて下さいね?

対広島戦3連勝はビシエドとレビーラの活躍もあるが 今の打線は一人一人が皆、積極的になって打席を迎えている! これだけでも以前の悪い時に比べ良い結果になっているのでは? これは主観で恐縮だが・・・ これは背番号3や1番が欠場しているからかも?! お二人とも守備は文句はないが・・ あのネガティブな打撃姿勢が 打線に悪影響を及ぼしているように見えてしまう・・・ 特に3番はケガが治っても起用しない方が良いのでは? 彼には悪いが・・・ 開幕当初、彼がいなかった方が 打線の得点力は良かったように思える・・

ビシエド、球宴で何かを思い出したのかはわからないが、 前半戦とは別人の様に、調子が良くなったね。 大島、岡林も調子が良いし、新外国人もなかなかやってくれそうだし、 後半戦は、ビシエドの好調が続けば、 阪神の様に、一気に借金を返済してしまう可能性が出てきたね。

村上や山田、坂本や岡本、大山や佐藤、牧も、ドラゴンズにはいないから、先発が崩れたら、そのまま負けていた。今年も去年も・・・。 しかし、オールスター前後から、少しずつ変わってきた。 甲子園で阪神と延長戦で勝ったし、シーズン再開後、敵地で広島に3タテ。 レビーラの存在がとても大きいと思う。 彼が6番に居るだけで、相手バッテリーは相当に神経を使う。 今まで必要以上に責任感を感じていたビシエドの気が楽になり、伸び伸びと打っている。 何回も同点に追いつかれながら逃げ切れるなんて・・。 ひょっとしたら、ひょっとするかもって、思っても良いかな? もちろん、優勝なんかじゃなくて、Aクラス。 そして、クライマックスで1位とか・・。

なぜか…と言うか、やっぱり…と言うか中日は後半に調子を上げてくるね 叱咤激励したり人を入れ替えたりしてシーズン通して前半から好調を維持できるかが監督の手腕にかかる 来年こそ期待したい

ビシエド、完全復活を確信した!彼がチームを牽引すれば打線爆発に繋がる。もう2位から6位まで混沌となってきた。次のカードは首位のヤクルト! 決して相性は悪くない。もしも、3タテでもしたら本当にペナントレースが面白くなるので、ドラゴンズに頑張って貰いたい!

オールスター前までは考えられなかったけど、マツダ三連戦のような戦い方をしていたら後半戦は期待してしまいますね。残り全勝は100%無理だけど、2位阪神まで現時点で5ゲーム差だから、イケちゃう様な気がしてならないね。まずは一つ上の順位を目指して頑張って欲しい。

ビシエドよ! 今頃になってエンジン全開は、ちょっと遅過ぎましたね。  せめて、6月上旬からこの調子を出して欲しかった。  貴台のお陰で前半戦は、どれだけ投手陣に迷惑をかけたことか!  特に、大野投手の完全試合を幻にするなど、今季はこれまでずっと「四番打者なんて失格だ!」と思っていました。  しかしながら、ここ数試合の貴台の活躍は、チームにとって非常に大きく、これぞメジャーリーガーだと、心底思えるような活躍でした。  ということで、今後とも、我がドラゴンズのCS出場権獲得のため、頑張っていただきたい。  そう言えば、ビシエド選手は、オールスター戦で、山川選手にニコニコと声を掛けていましたね。  あれを見ていて、「おっ、ビシエドは相当に自信を回復したな!」って思いました。

当然申告敬遠かと思いましたが、どうして勝負だったのでしょうか? 木下選手も期待は出来ますが、最近の活躍を見たらどう考えても、ビシエド選手の方が怖いのではと思います。 勝負してくれて本当に良かったです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる