MENU

落合監督時代のアライバと、立浪監督の京田阿部の違いって、選手と監督間の信頼関係だと思う。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュース Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

落合監督時代のアライバと、立浪監督の京田阿部の違いって、選手と監督間の信頼関係だと思う。 その信頼関係がどこから来てたかというと、キャンプでの練習量と内容だと思う。監督は、あれだけ練習したんだから大丈夫だ!と選手を信じてグランドに送り出してたし、晩年なんかは選手達は監督の顔色伺う事なく、自分たちの野球をしてた。 一方で立浪監督はもちろん1年目ってこともあって、なかなか選手達を信じ切れてない部分が多いと思う。だから成績だけでコロコロ方針が変わってしまうじゃないかと。 中日って昔から、選手と監督の信頼関係が強かった時は優勝したり、良い成績残してる。 立浪監督も、選手を信じるっていうところは落合さんを見習っても良いと思うし、信じきれる、背中を押せるように、時代遅れなのかもしれないけど、監督自身の為、選手の為、チームの為にどんどん練習させて欲しいなと思う。

立浪監督も基本的には守ってくれれば良いと言って、京田を起用していた。 8番だから打力はそこまで求めないと。 だけど、その守りでミスが出ていたし、戦う気持ちが見られないということで落とされた。 走攻守に雑なプレーも目立つし、 京田に関しては立浪監督の判断を支持したい。

京田に対する評価は立浪も落合もさほど変わりは無いと思う しかし、自分の判断への自信とそれを貫く信念に違いがあるようにおもう。 畢竟、その違いが選手のパフォーマンスに影響を与えているのではないか。 落合なら平然と京田を使い続け、京田もその期待に応えるような気がしてならない。

落合さんの考えにはいつも納得です 京田のEが付かないマズいプレーは過去のシーズンでも何度もあった しかし、他の選手もEは付かないがベースカバーに入る動きをしてレフトに抜けていくなどの明らかなミスが目立つし京田と打率もチャンスでの目立ち方も余り変わらない 少なくともそんなミスは京田には余り無いし逆に勝利に導くプレーも多いので意見に同意です

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次