MENU
SNS情報まとめサイト『どスポ』はこちらをクリック!

【MLB】大谷翔平、電撃移籍の可能性は「1%」???

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュース Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

野球は団体競技。チームが勝か負けるかを競う競技です。個人の記録はそのあとに残ったものです。大谷が勝ちにこだわるのは野球選手としてすごく健全だと思います。勝ちに行かない、行けないチームに残ってもしょうがないのでは・・。DHを独占出来ないかもしれません。でも トレード先のチームはそこも考慮して取りに来るはずです。万が一、独占出来なくても、大谷ならさらに力をつけて乗り越えるのでは? そう、強豪チームの競争の中、さらに一段と成長し、輝く大谷を期待してしまいます。かっての松井のように、NHKのMLB放送をほぼ独占している大谷です。試合を動かす一打、一球を打て、投げれる選手としてさらに成長して、ワールドシリーズでMVPに輝く姿を見てみたい。

大谷は明確に勝ちたいと言っているから、エンジェルスとの契約延長はほぼないんじゃないかな。トラウト、レンドーンに加えて、自身が大型契約となると補強の資金がない。となるとほぼ現状の戦力で戦う事になるから勝つということが難しくなる。大谷は金額にこだわらないのかもしれないが、代理人がいる以上格安の契約はありえないだろう。 だけど、強豪チームにいっても起用法がどうなるかわからない。強いチームにはDH専門がいることが多いし、シャーザーやらコールといった球界屈指の投手が大谷のために登板日を変更してくれるのか疑問(シャーザーは始球式の件もあるし)。 とにかく大谷には悔いのない選択をしてもらいたい。

もし、エンゼルスが頑張ればポストシーズンを狙えるチーム力があるなら残る手もあるが、今の状態では数年後を考えてもそう思えない。 トラウト、レンドンという超高額年俸を二人も抱えて、プラス大谷と再契約すれば、投手陣や内野陣を補強する資金すらもメドがつかないのでは。 つまり、大谷が来季以降エンゼルスに残っても、結局はチーム力を高めることもできずにBクラスであり続けることになるのでは

この問題は大谷さんにとっても本当に複雑だと思う。トラウト選手もエンジェルスに対しては心情は一緒だと思う。二刀流をするのに最も良い球団を選び去年の活躍。去年から今年にかけて大谷さんがエンジェルスにもたらした貢献は計り知れない。 それでも大谷なら少なからずエンジェルスに義理みたいなものもあると思う。 チーム状況を考えたらエンジェルスが大谷さんをトレードに出したとしたらチームを考えて気持ちよく承諾するのではと思ってた。 しかしここにきて、このチーム状況でも球団はトレードどころか大谷に何としても残ってほしいという事なのかな? そう考えると自分の将来とエンジェルスの球団やファンを思う大谷さんは複雑だろうな〜 ファンとしてはどうなっても今よりも明るい未来になる事を願うだけですけどね。

出せば球団経営に打撃がある。出さないと戦力強化に障害になる。でも現状では、出した場合戦力的にも大打撃ですよね。大谷投げてなかったら何連敗した事でしょう。 エンゼルス、オーナーを見ると勝負より商売に重きを置いている様です。 要は経営陣は、大谷の年俸分が予算を越えて、贅沢税を払ってでも儲けが大きいかどうかだけだと思います。 大谷は、他球団に行っても多少の譲歩は必要でしょう。例えばエンゼルスでも登板前後の試合のDHをトラウト等に譲り、登板間隔を縮める。 イニングも増えて登板も増えて、天才二人の共存も出来る。 NHKのインタビューの特集を見ましたが、本当にエンゼルスが好きなんだなと感じました。合わせて楽しんで野球をしたい、楽しむ為には絶対に勝ちたいと語っていました。 一番はエンゼルスに残り、勝利するのが彼の望みなのかなと思います。

普通に考えれば、トレードで出される可能性についてはこの記者の意見が1番現状に即した意見を言っていると思う。 LAAならどれだけ跳ね上がろうとも来年1年の大谷の年俸は出せるだろうし、怪我さえ無ければ本来はそれなりの野手陣ではあるので、来年に賭けたいという考えは分かる。 「2桁本塁打&2桁勝利」の大記録も濃厚だし、集客力のある大谷を今夏に出すのはあり得ないと思う。 ただ1つ、スタントンを抱えているNYYが大谷を必死に獲りにいくことはありえない。あるならヒックスかスタントンを放出できる目処がついた時だけ。そんなことは早々起きないだろうけど。

大谷を出せば、莫大な興行収入を手放すことになり、球団の人気もガタ落ちになるだろうね。だけど残したら、それ以外の有能な選手は採れず、トラウトが現役でいる間にプレーオフにはいけないだろう。 レンドンや今年入ったピッチャーなど、不良債権が多すぎて、クビが回らない状況に加え、有望な若手もいない。 大谷にとっても、トラウトにとっても、チームにとっても、一番いいのは大谷のトレードで、大量の有望な若手を採ることだ。 一時的に人気は落ちるだろうが、勝てばいいんだ。

この先のトレード話はオーナーにしか真意は分からない事だから誰が何を書いても虚しい事となる。予測は予想でしかない。 例えばこの先大谷が死球を受け戦列を離れたり故障をしてしまう、肘痛、腰痛で休養した場合などマイナスリスクも予想しなければ全ての予測とは言えないし。 試合中にベンチ内で自分の移籍を宣告されたり、ダブルヘッダーで第二試合は敵チームの選手として移籍させられたり、監督まで試合中クビで変わったり、というドラマが起こるのがMLBなんだと思う。 自分としてはオールスターで大谷がプレーをして昨年のように、捕手が投げやすかった、バックの守りが鉄壁と思えるだけでピッチングに集中出来た、思いっきり投げられた、取られてもすぐ取り返してくれる打者ばかりだから、等々数次元上のレベルの選手達に囲まれ満員の観客が一喜一憂してくれる球場の緊張感、これを再度確認して今後の移籍に何を思うか、だと思います。

ここ最近は放出が既定路線のような報道が多かったですが、オーナーの性格を加味すると可能性は低いということですね。 たしかに、エンゼルスのオーナーは強打者好きのイメージがありますね。 考えてみれば、今季序盤は快進撃があったわけでメンタルが整えば現メンバーでももう少し良い戦いはできると思います。 しかし、今の暫定監督、コーチ陣ではそれができないことをすでに露呈してます。 来シーズンのこのあたりの首脳陣の陣容が重要なカギになりそうですね。

エンゼルスとしは、今やチームを代表するスーパースターだから、出してはくれないと思う。 しかし、他の有力選手との高額な長期契約を結んでいるから、投手陣に予算がまわらず、実力者がいない。 チーム内でも、報酬額が違い過ぎでモチベーションが上がらない。 年齢的には早いアクションを起こす方がいいと思うが、大谷さんはエンゼルスへの義理立てすると思うから、FAまでは耐えて、その後に他チームへ羽ばたけばいいと思う。 しかし、エンゼルスは有名選手を長期高額で引き止めるだけの予算配分が下手くそなチームだと感じる。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる