MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

ピッチャー根尾がピシャッと抑え評価ランクが上がった 解説者の中村武さんも絶賛のピッチング

初めて生で見るという解説の中村さんがどこか懐疑的な目で見ていたけど「撤回します」と。

登場時にあれだけの歓声は、やる気が出ます。皆さんから注目され期待されています。最初の149キロのストレートは、いい所に入っており素晴らしいストライクでした。そしてスライダーも落ちていました。野手のフォームと言うが、もはや投手の球筋です。さらに高めの外角、ストレートで三振だ。上手いものだ。立浪監督も野手であるから、野手のセンスは分かるのだろう。投手はやってみないと分からない。今後が楽しみです。

根尾選手は本来これからの中日を背負って行くべきスターになれる選手です。だからこそ多くの期待を受けて野手であれ投手であれ歓声が沸きます。 これまでの4年間が遠回りだったかもしれませんが中日のエースと呼ばれる選手になって欲しいですね。

投手の可能性、打者の可能性、二刀流の可能性はある選手だが監督もコーチも責任は取れない!最終的に決めるのは本人 根尾の意思に球団が了解すればファンは応援するのみ ファンが応援したくなる選手である事は間違いない

高校の時に、大して投手の練習をしてなかったはずなのに、大一番で先発を任されることが多かった。…そして、プロに入ってから、殆ど投手の練習をしていなかった。 野手投げだとか言われてるけど、そういうレベルの話の前に、150キロでストライク投げられて、スライダーも切れる。(練習大してしてないのに) ダルビッシュ投手のツイートじゃないけど、伸びしろしか感じさせませんわね。

日曜日の打席で代打を出さなかったということは、投手専念ではなく二刀流的に使うつもりではないかと思う。 「打席が回っても代打の必要がないセットアッパー」「代打や代走から出場し、次の回からそのままマウンドに登るバッター」みたいな感じではないかと。

才覚については、言うまでもないだろう。 ただ、それでも中日の育成法は見返す必要がある。 特に右投げ左打ちは育たないのか。 ドラフト戦略も反省が必要だろう。 随分前から、貧打と分かっているのになぜ、サトテルを指名しなかったのか? 髙橋選手は素晴らしい投手だが、貧打解消が至上命題ではないのか? そこからチグハグたがら、現在に至っているのではないか。 ドラフト候補を抱えるアマチュアの監督だったら、中日からの指名は顔をシカメるね。 大丈夫か?って思うわ

根尾のインタビュー「ほぼ」すべて見せますと言いながら 立浪の指示を受けたとかショートやりたいとか立浪に都合の悪いところをカットして報道したサンドラ。 こういう情報操作するのは立浪側の意向なんだろうか、忖度なんだろうか

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる