MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

批判の多くは根尾の投手転向に対してではないと思う。問題はショート、セカンド、外野、投手とコロコロ変えること。

批判の多くは根尾の投手転向に対してではないと思う。問題はショート、セカンド、外野、投手とコロコロ変えること。
特に投手にするなら敗戦処理しながら代打待機とか中途半端にさせる事への批判でしょ。
大谷との比較も大谷は二刀流するためにはじめから計画立てて育てた。比較するべきでもない。
場当たり的な育成方法に批判が上がってるんだと思う。

打者を育てられない打撃コーチ陣に問題ありだと思う。10年以上も打者が育たないなんて有り得ない。投手の方はそれなりに育ってるのに。そのことから考えても投手で行くほうが可能性は秘めていると思う。

なんか大谷のときと違う気がするよね。大谷の場合は、プロで打者・投手の両方で活躍するのは不可能っていう思い込みから批判が生まれた。ただ今回は根尾の能力に対する疑問ではなく、立浪が振り回している(ように見える)ことへの不信感が批判の原因だと思うが。

最後にやるのは本人なのだからもうこの件は
ほっとけばいい。
考え方は人それぞれなので仕方ない。

あたえられた場所で根尾本人が良い結果を来年くらい
出してくれればファンは満足。応援にもいっそう力が入る。

もし不満なのであれば中日から離れればよい。
自身のやりたいことが出来る環境へ変わるのも良し。

そもそも高卒4年目とはいえ野手でレギュラーだったら、投手転向の話は無かった。。
現役で代表クラスの選手は高卒4年目にはタイトル争いに加わってたからな。
大谷、鈴木誠也、筒香、坂本、岡本、山田、村上、浅村、森友哉など。

逆に、そこまでに活躍できないと中途半端な選手になりがちのような。
だから投手挑戦も面白いと思うけどな。
要は結果を出すしかない

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる