MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

いきなりの登板で150キロ出せてたしテンポも良かった。

いきなりの登板で150キロ出せてたしテンポも良かった。変化球はこれから磨く必要があるだろうし課題も出てきて大変になると思うけど、持ってるポテンシャルはとんでもないと思う。ショートの経験からフィールディングも申し分ないだろうし総合力の高い投手になって欲しい。

根尾選手は、立浪監督を合わないのでしょうね。中日ドラゴンズ、中日新聞はこの地域になくてはならないものと同時に、岐阜県民全員が遊撃手としての根尾選手を応援しています。投手として訓練を加えることで、肩を壊し選手生命が消失してしまわないか心配です。立浪監督は、投手に挑戦させたが駄目だったと言い出すのではないでしょうか。とても心配です。

最下位になったから早まったのかな?立浪監督が最下位になったのを誤魔化すためこのタイミングで、、監督にうまく使われて可哀想、、このインタビューも言わせられている様な、、去年から言われてたって本当は違うと思う、、立浪監督はそう思っていたかもしれないが野手のチャンスも全然与えないでヒットを打ったらショートにするからファームで練習してこいとか言って最初からピッチャーに変更するつもりだったのでは?野手で活躍しそうになったらその芽を摘んで、、本当に立浪監督にはガッカリだ。このインタビューも根尾選手の方がずっと大人!ファンに納得してもらおうと一緒懸命答えている、今日の立浪監督のインタビューではファームで鍛えるとか言っていたけど昨日は一軍で鍛えるって言っていたもう立浪監督は自分で言った事にずれてる、、いい加減にしてほしい純粋に野球に取り込んでいる若者を振り回さないで、、

「どんな上司に当たるかで部下は化けもするし腐りもする」

良くも悪くも、指揮官が、選手起用や采配の権利、特権を握る者。

その指揮官に、入団4年目の選手がものを言える立場ではないし、逆らえないもの。
どんな形でも、試合に出たい訳で、イエスマンになるもの。

「根尾が、PLの後輩ならば、また違った運命と思う」

打てないPL後輩の老竜を温情起用できる、指揮官の小さき器。
正直、根尾も、このような指揮官の下では、覚醒開花も無いもの。

「悲しいかな、これから根尾は大器晩成型と思うしかない」

つくづく、
今の指揮官が居なくならない限り、根尾の活躍も覚醒も無いと思うようになった。
ミスタードラゴンズの闇を見たもの。

立浪さんは自分の目に相当自信があるようだが、京田、高橋、福留、岡林、鵜飼、石川は使い続けてるが、結果が出てますか?
現役時代は天才だったが、指導者としては疑問が残る。
オープン戦で結果出した根尾にはろくにスタメンでチャンスを与えず、代打ばかり。
ショートやらせてからもスタメンで使わない。
根尾と話し合ったというより立浪の意思で投手転向に仕向けただけ。
ノリコーチも自分の指導に邪魔だから2軍に落としただけで、コーチよりも自分を優先する。
中日の野手育成能力低さは棚に上げて、根尾をたらい回しにして投手をやらせる。
呆れて言葉が出ない。
根尾を指名して他球団はきっと苦笑してますよ。
根尾には他球団に行って欲しかったですね。
せめて強引に投手転向させたならちゃんと育て上げて下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる