MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

体格も立派なので芯を食った打球は素晴らしいし、1試合2本塁打打つ力もあるんだけど、あまりにもその確率が低い。

中日スポーツ・東京中日スポーツ
中日 京田陽太が強制送還の雪辱 スタメン復帰安打「自分よりチームの連敗止められ何より嬉しい」:中日スポ... ◇17日 中日2-0巨人(バンテリンドームナゴヤ) 中日の京田陽太内野手が、5月4日のDeNA戦(横浜)での途中交代と試合中の帰名指令...

体格も立派なので芯を食った打球は素晴らしいし、1試合2本塁打打つ力もあるんだけど、あまりにもその確率が低い。 思えば京田も1年目が一番良かった。 直倫、福田、平田、周平も1年目のスイングが一番良かった。 特に福田は初打席本塁打、周平はドラフト制後最年少本塁打と、今見ても素晴らしいスイングをしていた。 好打者をダメにするのはもう中日の体質なのかと悲しい気持ちになるよ。

もう40年以上もプロ野球を見続けているけど、ここ最近急激に投手レベルがインフレしている感がある。もう150㌔のストレートは珍しくもなく、そこに多彩な変化球に加え、ストレートと見分けのつかない微妙に動く球も操る。そういった投手が「標準化」とまでは言わないが本当に増えているし、そのレベルまでも至らない投手にしても、個々の球のレベルは10年前と比べても確実に上がっている。
そういった中、昔なら打撃が弱くとも経験を積めばある程度のレベルまで行ったであろう選手がもがき苦しんでいる姿をよく見る。以前なら1割台の野手なんて本当に少なかったのが、各球団1人くらいは毎試合スタメンにいる感じがする。
打撃はメンタルの部分も大きいしね。何とか立ち直って欲しいし、自分の打撃を確立して欲しいね。

人一倍責任感が強くて頑張っているのは見ていれば分かります。しかしプロは頑張ったからと言って評価される世界ではありません。ただ、単純に戦力として見れば京田選手の守備力と走力は実力が出せればプロでもトップクラスです。それだけでも一軍の戦力として必要な選手です。不在中三ツ俣選手が攻撃でも活躍していましたが、それが今後も続くと思える程の実績はありません。溝脇選手は守備がかなり不安です。気負わず今の自分に出来る事を確実にこなして首脳陣やファンの信頼を得ながら打撃の改善に向けて試行錯誤を続けていって欲しいと思います。一軍復帰を歓迎します。

二軍降格から今まで様々あったが、巨人戦から復活するとのことで、今後こそポテンシャルの高さを見せて欲しい。
守備範囲の広さ、安定したハンドリング、深い所からの矢の様な送球、意外性のある打撃、俊足を活かした盗塁。
こうやって列挙すれば魅力の塊だとわかる。
色々言われて気持ちが凹んでいたと思うが、是非ともポジティブな気持ちで臨んで欲しい。
チームも最下位から出直しのタイミング。
ファンはチーム浮上・巻き返しの中心に京田選手がいることを期待しています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる