MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

打撃も守備も判断する程起用されてるとは思えない。予定通りの最下位なんだから、世代交代を視野に、今季は根尾をショートでスタメンで起用してオフに投手に転向でもいいのでは?

打撃も守備も判断する程起用されてるとは思えない。予定通りの最下位なんだから、世代交代を視野に、今季は根尾をショートでスタメンで起用してオフに投手に転向でもいいのでは?二刀流は別として、投手根尾という道をすぐに消す必要も無いとも思っている。兎に角、世代交代で若手を使う。キャッチャーも同世代の木下、桂ではなく石橋をセコンドキャッチャーとして起用する。他球団はキャッチャー2人体制をほとんどやってる。
ショートでも、根尾と京田2人体制とか試合で使わないまま、使えないの判断は違うと思います。

昨日の日ハム戦で投げた柿木の投球を見ていないが、結果だけ見ると、3者凡退、かつ、二人がバットをへし折られたとか。
柿木は大阪桐蔭で根尾と同期同学年であり、3年時は、2年時エースの根尾を差し置いて主戦起用された。数々の有力選手を育てプロに送り込んで来た西谷監督が投手根尾の限界を見極め、柿木の方が投手らしいと判断したからだと言われるが、その柿木ですら、投手としてプロ入りし、3年間ずっと2軍暮らしし、漸く、昨日が1軍初登板!

3年間野手としてだけ練習して来た根尾が今から投手として本格練習したところで、モノになるまで数年掛かるだろうし、モノになるかなど分かりようもない。

今から根尾に投手練習させるのは、根尾をどっちつかずの選手にするだけ!

根尾の打撃の欠点はプロなら誰でも分かっているのだろうから、その欠点を治せるコーチにトコトン突き合せ、モノになるまで育てるべきではないだろうか?

星野・落合の下で野球をやったなら、二人の良いところ取りをすればいい。仰木監督がそうだった、三原マジックと言われた柔軟性と鬼の西本と言われた厳しさを取り入れた。西本さんは厳しかったが一人前と認めた選手にはその扱いをした。仰木さんは半人前の選手には厳しかったというが、このあたりは西本さんからと思う。それが出来なかったのが、鈴木啓示さん。彼も三原・西本の下で野球をやってきた。コーチだった仰木さんとは受け止め方が違ったかも知れない。

打撃が3割うてれば、複数ポジションなんて要求されない。
2割8分打てれば、どこかでは使ってもらえる。
守備云々は打つ能力の次でしかない。
どちらも出来ないなら普通はクビだし、素質があればもう数年待つでしょう。
悲しいことは、投手の能力がまだマシってこと。
素晴らしいのは、華があること。藤浪のよう。
敗戦投手、兼、代打でもいいじゃないか。
それでもだめなら、そこから2軍で頑張れば。
普通なら記憶に残らない選手。
引退後を考えたら劣化2刀流も悪くない

立浪が星野を真似て、落合を反面教師にしているのは、周平の扱いをみればわかる。立浪は石川を抜擢して高橋を外したが、なんとしても高橋をフォローしてセカンドやショートで使おうとしている。星野に自分が抜擢されて宇野がはずされ、落合に森野が抜擢され自分は外された。その時の宇野の扱いと自分の扱いの違いに、いろいろ思うところがあった上での、高橋の扱いだとおもう。
でも、根尾はどうなんだろう。根尾の扱いに落合や星野を意識した形跡は見当たらない。そもそも、立浪にとって根尾はプラン外の選手になっている。気を遣っていろんなポジションを試しているが、根本的に戦力にしようとは考えていないように見える。投手に専念させれば、自分の指導の範疇から外れるので、あとは投手コーチに任せて、もし使えるようになれば使おうかという程度なのではないか?とても残念な話だけど、こうなった以上、投手根尾が大活躍することを願うしかない。

周平をショートに起用した時点で、立浪監督は根尾をショートに育てる気持ちはないと感じた。あの周平がショートですよ(サードだからこそGGがとれただけ)。いかに周平のバッティングに期待してもそれはないと思った。バッティングもさっぱりだけど。
根尾を投手として育成したいのなら、ベンチに入れない時もある一軍に置かずに、二軍で来季の春まで、徹底的に投手としての英才教育をしてほしい。
このまま一軍で、代走・守備固め・リリーフではあまりにも根尾が可哀そう。

やはり今まで2軍戦や1軍戦で打撃の結果が残せなかった。打撃の素質が無いと立浪監督は判断したのか。それで今度はピッチャーにとゆう事か。
確かに今までの成績は並み以下であった。成績の結果を受け入れず名前だけで今まで来た。今の実力を認め素直に自分のスタイルを見つめなおす時期に来た。ファンもそれを受け入れるべき。

二刀流をするにしても、2軍で鍛えて先発として目途が立つレベルになってから。リリーフだと打席に立てないし、肩を作る間は試合に出れないので打撃で貢献できない。ショートや外野をやらせる場合には、2軍で打撃を鍛えてから。いずれにしても、ちゃんとプランを持って取り組まないと3年後には根尾はプロから居なくなっている。ここにきて投手1本にするのであれば、今までのプロでの生活は何だったのかと思ってしまうけれどね。

誰も直ぐに一軍で通用するピッチャーになるとは思っていないし、野手出身の立浪監督だってそう思っているだろう。
ただ、根尾選手の身体能力や野球センスに色々な可能性を感じているんでしょう。
監督のコメントにあるように、野手の練習が投手として役に立つこともあるし、その逆もあるはずなので気分転換的な意味合いもあるかもしれない。

結局監督も使われる身ですからオーナーに好かれる 最低でも嫌われない事が一番大切な事かと思います。監督も自分の思い通りにチームを動かせるならと常に思っているのではないでしょうか。私達にはわからないことがいろいろあると思います。自分のやりたいようにやらせてもらうには、オーナーとの関係を強化することしかないと思います。立浪監督には今年の結果から、来年どこまで球団からチーム強化を引き出す事が出来るかを期待して見ていきたいと思います。それが監督の最も重要な仕事かと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる