MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

体力がどれだけあるのかは分からないけど、ピッチャーをやるほどショートの守備力が無いとは思わないし、打力も代打で結果残してるから無いわけでは無い。c

体力がどれだけあるのかは分からないけど、ピッチャーをやるほどショートの守備力が無いとは思わないし、打力も代打で結果残してるから無いわけでは無い。立浪が過小評価しすぎなだけ。ピッチャー転向なんか本当に究極の選択。主をピッチャーにするなら今すぐ二軍で投手としての練習を始めるべきなのにも関わらず一軍に帯同ということは、立浪の言っていることは口だけだと推測できる。そもそも内外野を守れるというだけで評価できるのに使わないのは如何なものか。スタメンフル出場じゃなくてもで三ツ俣、溝脇、鵜飼、岡林、(大島)と併用するとか柔軟な起用法ができない立浪に憤りを感じる。

立浪監督は今年根尾を外野で起用すると明言し、シーズン途中にショートに挑戦させると発言。さらにその後投手にも挑戦させると発言し、一部報道では投手登録になるとのこと。仮に投手に転向させるとしても今年一年野手として起用し、ある程度結果が出てからでも良かったのではないでしょうか。根尾自身がどういった気持ちかはわかりませんが、これだけ監督に振り回されるのは可哀想ですし、何よりドラ1の選手をこんな使い方するようでは今後中日に来たがる選手はいなくなると思います。

投手から野手に転向した成功例は数多いが、野手から投手への転向で成功した例はほとんどないし、あってもそれは希少な例だ。

まして野手として4球団競合した選手を、結果が出ないから投手やらせるっていうのは違う気がするし、仮に投手専属になったとしても戦力と呼べるまでになるかは疑問だ。

余談だが、日ハムの清宮がプロ5年目で徐々にだが結果を残しはじめて来ている。
根尾も5年目になる来年まで見てそれで駄目なら投手転向を考えても遅くはないと思う。

この記事の内容は理解できる。
しかし落合と星野のことを頭に残してどうする?
すべては勝利のために、というテーマを掲げているが
すべては星野落合のために
と立浪監督の心中にあるということか。
もし立浪監督がこんな考えであるのならばファンは間違いなく遠のいていく。
自分の手柄にしようなんてそんなのは自分勝手なご都合主義。
一番大事なのは勝つことである。
なのに落合や星野に対する思いとか全くいらないし受け入れられない。
個人的な思いはあるのだろうが監督はチームを勝たせることが仕事である。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる