MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

立浪監督が何を考えてどのように根尾選手を育成して行くのかが明確でないので臆測や推測の記事や外野の声が飛び交ってしまいます。

立浪監督が何を考えてどのように根尾選手を育成して行くのかが明確でないので臆測や推測の記事や外野の声が飛び交ってしまいます。

何度も言いますが一番大事なのは根尾昂選手本人の気持ち。
そして方針と決断決定するのは立浪監督なんです。
立浪プランを心の中で温めてるのでしょうが監督が静かに見守ってと発しましたしファンやマスコミ解説者にOB等、外野は所詮外野なので事態の推移を見守るしか出来ないです。

多方面の記事を読むに本人が試合出場に飢えてるのは分かります。
少ないチャンスを全てモノにしようと頑張ってます。

この先、活躍の場が野手になるのか投手になるのかは全く判りませんが、立浪監督が始めた育成プランでの経験が根尾選手にとってこれからの野球人生においてプラスになる事を望んでます。

根尾がショートはダメと判断したのがいつ?どこで?なのかがわかりづらい。
2軍でショートやらせようと落としたのでは?なのにけがやコロナのせいであげられて1軍に帯同。試合でショートのレギュラーで使ったのも数えるほどではないかな。打つ方でもたまに代打や代走、外野手交代で成長するわけがない。
去年の与田監督のほうがまだ我慢して使ってました。だからこそ満塁本塁打を打ったのでしょう。
たかだか1度や2度エラー気味の怪しい守備があったからと言ってなぜショートを諦めさせるのか。まだ4年目なのに振り回すのもいい加減にしてほしい。
投手でいくにしてもこれから基礎からやって2年くらいはかかる。殆どの解説者が反対するのは投手を甘く見るなということでは?それなら最初からやらせるべきだったし。
そもそも根尾本人はどう思っているのだろうか?

確かに投手はポジション関係ないから一軍枠に入れば出場できる。専念すれば、先発の四番手、中継ぎの一員にはなれるかも。フォームも球筋も綺麗すぎるから超一流の投手にはなれないと思う。

ただ、そんな選手ならドラIで競合しなくても取れるんだよね。

立浪監督「ショートは本当に、あと少し守備が上達すれば全然打てなくてもいい。外野守備は素晴らしいものがある。」

立浪監督が守備の要としてショートをたいへん重要視している事がわかるが、根尾のショートってそんなにマズイのか?とも思う。
逆に3年間指導された上しかも努力家で練習量も多いはずなのに何故うまくならないんだ?不思議でしょうがない。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる