MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

根尾昂の先発転向プラン浮上 立浪監督がビジョン明かす「投手をやるのであれば先発」

Yahoo!ニュース
【中日】根尾昂の先発転向プラン浮上 立浪監督がビジョン明かす「投手をやるのであれば先発」(東スポWeb...  中日の立浪和義監督(52)が5日、野手として伸び悩んでいる4年目の根尾昂外野手(22)について先発転向も視野に入れていることを明かした。


個人的には外野一本でやるのが一番良いと思うけどね。 現状でも外野守備はリーグでもトップレベルにあるし、何よりあの強肩は魅力的。打てるようになればレギュラーになれるが、最悪打てるようになれなくても外野守備要員という道もあるし、究めれば英智のようになれる可能性がある。 多くのファンが望んでいるのはショートだと思うが、現状を考えるとかなり厳しい。まず、守備面でも立浪監督からまだまだと言われるレベルだし、打撃面でもレギュラーにはまだまだ物足りないレベル。 ということは、ショートでレギュラーを獲るなら守備と打撃両面でのレベルアップが必要となる。 だったら、打撃面だけ徹底的に鍛えて外野一本の方が早道なのでは? 投手の場合はまだ未知数なので何とも言えないけど、また一からやり直す必要があるので、モノになるには時間がかかる。 やはり根尾は外野一本が良いと思う。

打者根尾には魅力も未来も感じない。
確か大器晩成の選手はいるがその多くは長距離砲!!根尾はそのタイプではない。
打者として大成するのであれば現時点でもファームでは無双くらいでないと厳しい。
一方で投手根尾には魅力がある。
投げっぷりもいいし、球質、コントロールも悪くない。本格的に投手専念なら二桁勝てる投手になれるくらいの資質はあるように見える。打者して野手として不合格でも投手として自分を助けるくらいの打撃力はある。
投手専念の方がいい。
目指すのは桑田、小川あたりかなと思います。

確かに立浪監督のこれまでの発言の随所に、根尾選手を投手として起用したい意向が垣間見れる。
外野に関しては、その守備は及第点との認識に感じる。
少年野球から中学、高校、又は大学・社会人を経て、どのポジションに適正があるのか自然と見極められる。或いは自分よりも高い技術のある選手によってそのポジションが取捨選択・淘汰されていく。
ところが根尾選手の場合はそのポテンシャルとユーティリティと持ち前の努力の故、多くの可能性を残したままだ。
ショートのスタメンは基本的に1人。スタメンでなければ控えに回る。
対して投手の場合、ポジションは1人だけではない。先発又はリリーフとして試合に出場が可能だ。全ての投手に160キロが求められるわけではない。
持ち前の頭脳と努力で投手という選択もチーム事情を考えるとありなのか。
根尾選手はどう思っているのだろうか。ショートがベターと考えるが。

立浪監督を信じたい。

対戦相手としての目線ですが、根尾は打率194だけど巨人戦273、ヤクルト戦286とある程度は存在感はだしてると思います。また根尾が外野にいてレーザービームがくるとしたら脅威です。
もし投手をやらせるならそれ一本なら可能性はあると思います。150km程度の速球は今どき特別ではないですが、そこに制球力、変化球の精度、フィールディング、打者との駆け引きや配球などを2年程度しっかり磨いた上でセットアッパーとして出てきたら結構いやな存在になる可能性。ただ打者としてうまく行ってない中、兼任で投手としてそれら沢山の課題を克服できるとはとても思えません。
二刀流ならどちらも中途半端で怖くない。落合さんが同じ意見でしたが賛成です。

立浪監督は投手をやるのであれば先発と言っているのだから、逆を言えば、先発でなければ野手ということになります。個人的には本人のやりたいようにショートが良いと思います。ショートならばまずは守備ということになりますが、打てなければレギュラーは有り得ないと思います。逆に打てればショートがダメでも外野があります。従って今やる事は、特打をまずやり、それから特守というルーティンでショートにチャレンジするのが良いような気がします。投手はチョットと思います。

「不動の遊撃手とGグラブ賞の単打製造機に伸びしろは有るのか?」

まずは野手、打者として結果が出ずダメならば、
投手として再生できる素質がある選手と思うが・・・

「試合に出なければ技術だって上達しない」

負け試合の終盤、根尾を客寄せパンダのように使うのは、いかがなものか?
意地でも遊撃手スタメンで根尾を使わない感、監督の意固地感。
「箸にも棒にも掛からぬ」力量しか無いのなら、二軍で鍛えればよい。
石川、岡林、鵜飼とスタメン起用確約されている状態では、
根尾自身、どの様な形でも一軍の試合に出たいと思うのが心情。

「根尾と指揮官に真の意思疎通が有るのか?」

根尾に対し、ポジションの一貫性が無い指揮官。
立浪スタメン起用に星野監督の意向があったように
選手の覚醒には、如何に起用する監督との出会いと言うべき「天運」がある。

このまま、ベンチの肥やしでは、すぐに実績無き中堅になるものよ。

そもそも、本人は入団記者会見時に遊撃手一本宣言したのだから、今さら投手とは、心中察するものがある。立浪監督は野手出身で、投手の事は詳しくない。キャンプから名言なら分かるが、シーズン中にそれはないだろう。
根尾の外野守備は範囲も広く肩も強い。
そして、ホームへの送球もコントロールが良い。
守備固めでも充分良いのに。
トレード出して、打つ選手と交換した方が本人の為になるのでは。

野手より投手の方が向いてるとは思うけど、先発よりは中継ぎの方が向いている気がするんだよね。今シーズン投手として投げた2試合とも150キロのボールを投げれていた。ただ、中継ぎは1イニングのことだけを考えて投げればいいが、先発となると力配分も考えなければならない為、この2試合のピッチングができるとは限らない。大阪桐蔭時代も投手をやっていたので力配分の仕方は知ってると思うけど、度胸はあると思うので先発よりも中継ぎの方が適性あるかもね。

根尾が野手としてレギュラーを獲りたいのであれば、やはり野手が圧倒的に手薄だった去年までにどうにかしなければいけなかったということだね。今のようにミート中心のバッティングを去年やっていれば外野ならレギュラーは獲れたかもしれない。ただ残念ながら根尾は大振りスタイルにこだわってしまった。今年は石川、鵜飼、岡林の3人が一気に将来の中心選手になるポテンシャルを見せたことで、根尾が野手としてレギュラーになれる可能性はなくなったというのが立浪監督の評価なのだろう。監督がすぐに替わる可能性はほぼない以上、根尾も決断をしなければいけないね。

忘れてはいけないのは、根尾はプロ入り後ほとんど投球練習を行っていない

投手としての身体作りは全く行っていない

4年間投手として何もやっていなかった分、今オフのドラフトで入団してくる高卒の投手よりもマイナスからスタートする事はマスコミもファンも認識しておく必要があると思う

投手に転向したから
「さぁ〜、ローテ入り」
ではなく、5年計画くらいの長い目で見る必要がある

年齢は22歳になるが、立場は18歳以下

野手としての現状も厳しいが、投手に転向しても厳しい現実が待っているでしょう

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる