MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

ショートをやれと言って2軍に落としたのに、コロナの事情で1軍に上がった途端に投手転向説。根尾昂

ショートをやれと言って2軍に落としたのに、コロナの事情で1軍に上がった途端に投手転向説。
ショートで育てても、ものにならないと早々に判断したのだとしたら、その理由は何なのか。
数日、数ヶ月で育成が出来るほど甘い世界ではないと思うので、早く1番活躍出来そうなポジションを見つけてあげて、その練習に専念させてあげて欲しい。

こういう話をするって事は野手として結果出ないなら投手転向という事なんだろう。
立浪も今の根尾の立ち位置が良くない事は分かってる。
それはショートして使わない立浪がどうのの前に根尾自身のアピールも足らないんじゃないの?
少ないチャンスで結果残さないと。
去年根尾はかなり打席貰ってた訳だしね。
三ツ俣、溝脇より根尾を首脳陣が使いたいとならないとショート根尾は難しいよね。

三ツ俣選手はスタメンで結果を残しているし、溝脇選手も代打で結果を残している。現状では根尾選手のショートのスタメンは難しい。ただ、三ツ俣選手も溝脇選手も必ず疲れが溜まって調子が落ちてくるので、その時に根尾選手がチャンスをものに出来るか。投手根尾には興味はない。先発投手の頭数は揃っているし、穴が開けば若手にチャンスを与えれば大丈夫。

あれこれ言われているけど、やれるだけやらせたらいい。打撃に専念すべきと言われるけど、中日の育成力じゃたかがしれてるからね。このまま小粒で終わるなら、大谷じゃなくても、スモールスケールな二刀流という道もあると道をひらけばよい。
ただ、球種はもう少しほしいところ

打者として高い実績と理論を用いる立浪監督のこの発言。
つまり、打者としては難しいというのが本音だろう。後は根尾次第だが、野手から投手に転向して成功した例は殆どないだろうから、そこで成功を目指すのも面白いかもね。

今の時代、150km投げる投手は結構います。
根尾選手にはやっぱり打撃を期待したいです。
打てる野手はなかなか育たないですからね。
敗戦処理的な起用は否定しませんが、投手転向はもう少し待って欲しいです。

これまでの3年余りをガラガラポンにしかねない発言だなあ(笑。

投手一本、ということなんだろうか、そこも含めて、更に混迷を深める一方、世間の耳目を集め、チームの「人気回復」に貢献しそうだw。

リリーフ登板に関しても、投手コーチの影を感じさせないのも気になる。

根尾問題は監督案件、ということなんだろうが(笑、こうなってくると根尾人気に便乗したいフロントの意向に沿っているようにも見え、こうなると「野球」ではない「経済」や「経営」、「政治」問題なんだろう。

根尾は自分の身長だと投手として成功出来ないからという理由でショートと言ってた。
登板した時のピッチングみたら投手の練習を続けてたのは明らかだから、根尾は本当は投手を諦め切れてないんだと思った。
投手だと駄目だから野手と思ったけど実は投手に可能性が出てきたと考えてると根尾はどっちを選択するのかな。

今の状況であればショートで我慢強く使い経験を積ませれば対応ができると
思います。
中途半端な使い方で根尾自身も迷うし故障に繋がる、京田や高橋もろくに
打てなくとも使う立浪監督の忖度しかない。
現状ではベンチに居ても雑用係でしかない使い方。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる