MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

京田陽太、根尾昂もからむ混迷の「遊撃手問題」 立浪監督の選択はコンバートか、トレードか

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュース Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

もちろんチームとして勝つことは大切。落合氏の言った勝つことが最大のファンサービスもその通りだと思う。 しかし、Bクラス常連になった現在、若手の育成を怠れば来年以降も暗黒時代が続く懸念もある。思い切って、立浪監督が今年は若手育成の一年にします!と言っても良いと思います。 現状でも根尾くん、岡林くん、鵜飼くん、怪我したけど石川くん、清水くん、山本くん、高橋くん等楽しみな若手はいるし活躍し始めている。ショートだって根尾くんを使っても多くのファンは理解してくれると思います。

なぜ根尾を我慢して遊撃手で使い続けないのか疑問。守備力が立浪監督の求める水準には至ってないんだろうが、付け焼刃でその場しのぎのコンバートで遣り繰りするより、先々を見据えて育成しつつ使えば良い。誰も今年の優勝なんて真剣に期待していないし、ファンも納得すると思う。
打撃は二軍ではそこそこ結果も出てるし、一軍でもスタメンなら一試合一本は打てるし、内容も良くなってる。何よりあれだけ溌溂と楽しそうに遊撃守備してる姿、そして練習の虫、首脳陣が辛抱し腰を据えて使い続ければ物になるでしょう。
守備位置は二転三転、挙句には敗戦処理で投手をさせる、こんな使い方してたら育つものも育た無いと思うね。

京田に関しては今後FAも絡んでくる。
その時京田が中日に残るのか他球団へ移籍するかはわからない。
ただ彼の今の身体能力に頼ったプレースタイルではいずれ自慢の守備も衰える。
個人的には根尾をショートで使ってもらいたいが立浪監督のここまでの起用法を見るとその可能性は低い。
現状では三ツ俣をメインに2軍調整後の京田との併用が現実的なんだろう。
記事の通り中日の「遊撃手問題」はチームの大きな課題だ。
ただ阿部のコンバートはやめたほうがいい。
ここまでチームで唯一打撃好調を維持してきた中でコンバートはバッティングへの影響も出かねない。

阿部???

うまく行ってる選手をいじるのはあんまり賛成できないな。

石川がいつ戻って来れるか分からないなら、代わりに育成枠を根尾にやって、ショートで経験積ませるのもありだと思うけど。

まぁピッチャーからすればショートには安定感が欲しいだろうけど、目先のことばかり言ってても将来がないからね。

根尾は2軍で結果出してと言うよりは、1軍で経験積んだ方が伸びるタイプのような気もするし、立浪が「今年は育成の年にします。ファンの皆さん分かってください」って言えば自分は納得するかな。

やっぱり岡林、鵜飼、石川、根尾あたりの若手が出てるとワクワクして見れるし、ベテランが出れば勝つってわけでもないしね。

なら見てて楽しい方が良い。

今期の中日は打力の伸びた選手が阿部など一部を除けばほとんどいない。むしろ京田や高橋のように前年より酷くなった選手のほうが多い。これは立浪が必要以上に細かく指導していることが逆効果になっている気がする。監督とコーチが違うことを言ったら選手は戸惑うだろうし、コーチにとっても面白いはずがない。指導は自分が選んだコーチに任せ、どうしても気になることは直接選手に言わずコーチを通して伝えるなどの配慮があってもいいのではないか。

トレードだって付け焼き刃程度にしかならないだろうけど、それでもやった方がいい。
でも中日はやらないと思う。
今は余剰戦力に活躍の場を与えるという考え方が主流になってるけど、中日のフロントは移籍した選手が活躍されたら困る、獲得した選手が活躍しなかったら困るというネガティブな考え方が未だにある。その時の責任を負いたくない、責任を追求され取らされるという思いが先行して結局は何もできなくなってる。
今シーズンに関しては外国人の補強だって消極的だったし、立浪監督の招聘で満足してしまった感さえある。
責任を負いたくないなら補強に関しても、その時の監督に任せて、フロントの仕事は監督の人選で終わりにして、その代わりに失敗に終わったら監督に全責任を負わせたって良いと思う。

ドラゴンズの近い将来(2~3年)以降のセンターラインを考察してみると、
・捕手は、石橋で間違いないでしょう。
何時木下と替われるかが難しいけど。
・センターは、岡林が軸だが、ブライト健太や伊藤康佑や更には高松も候補。
健太と康佑は外れた場合は鵜飼と併せてライトを
争う。
・二遊間は、根尾や土田や更には高松らが候補となるが、まだ少し時間が掛かるので、京田や周平や更には溝脇も加えて争いとなるのかな。三ツ俣は短期間のバックアップ。
阿部はアリエルや郡司らとレフトを争い。サード
昂弥のバックアップをも視野。
どうだろうか。

やはり将来構想を考察してみると二遊間が不安定、なので今期中は先ずは根尾を我慢と辛抱で実戦経験を多く積ませて適正や可能性をしっかりと見極めることが大事だと思うのだが。
来期には更にもう一人候補をしっかり見極めたい。

根尾を、ショート先発で起用すべきだと思う。三ツ俣は確かにいい働きを時々見せる。しかし、オリックス時代も含めて、シーズンを通して活躍した年は一度もない。去年までの9年間で、出場試合172試合、通算打率183。中日は、他の球団なら見向きもしない中途半端な選手を、何故か重用する。
根尾が中日の将来の中心選手と期待するのなら、三ツ俣はバックアップと割り切り、石川昂のように根尾にもチャンスを与えるべきだ。

京田は去年の契約更改の時の発言を忘れていなければもうFA権を取ったらほぼ確定に移籍だろうから、根尾を一人前に育てるようにある程度のミスを許容してでも経験を積ませるべきだと思う
あと、FAででていくことがわかっているならシーズン中でもトレードできるか動くべきだと思う
ショートが弱い球団にはいくらあれだけ打率の低い選手でもまだ戦力にはなるはすだから、ある程度の選手と交換してもらえる可能性が強い

トレードは反対です!今年は育成の年でしょ?数年後の黄金時代を作るための土台作りの年でしょ?大体のドラファンはそう理解しているので、若手を1試合だけや代打だけではなく、数試合使ってもらいたいです。それくらい希望が持てる若手が今のドラゴンズには居るとファンは夢みてます!投手には可哀想ですが、若手がエラーや失敗してもいいと思います。そこは球団がしっかりと投手の査定に反映させれば、投手も納得してもらえるのでは?でないと、育成が出来ない、ドラフトが下手な球団と永遠に言われても仕方がないかな・・

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる