MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

以前、里崎さんがYouTubeで言われていて京田選手が何故、いろいろ言われるかというテーマだったと思いますが、それは打たないから、打てば、少しくらいの守備のミスがあっても、まあいいかとなる。

なかなか点が取れない試合で私は個人的には投手戦より打撃戦の方が見応えあります。ショートは重要な守備だと言われるが、やはり打たないと点が取れないわけだから、勝てないのだから、守備だけ評価されたらいいわけではないと思う。以前、里崎さんがYouTubeで言われていて京田選手が何故、いろいろ言われるかというテーマだったと思いますが、それは打たないから、打てば、少しくらいの守備のミスがあっても、まあいいかとなる。打たない、打たなくなると、守備の方を言われるようになると、ラミレスの例を出して言ってました。わたしは、里崎さんの意見にすごく納得しました。井端や荒木はバッターとしても成績良かったですからね。京田はいろいろ言われても仕方ないかな。一軍に復帰するのは、なかなか厳しいかも。

まぁ年俸は下がるだろうな。去年までは守り勝つ戦い方してたけど今年はエース球を打って勝つ、打ち勝つ試合もあるから守備だけでってのは通用しないな。守備範囲は広いだろうけど送球はそんなに上手くない。肩良い割には。堅い守備なら三ツ俣の方が無難にやってる気がする。各球団若手のショート出てきてるからトレードだろうがFA行使だろうがなかなか手を上げる球団は少ないんじゃないかな?それより一から出直して中日のショートで復活できなかったらどこ行っても厳しいと思うな。

>>このままでは“むしろ年俸が高すぎる”という評価が定着しかねないわけだ。

・盗塁技術がなく、脚力が落ちてきて盗塁数が年々減っている
・ポジショニングではなく身体能力で守るタイプだから、その脚力と相まって守備範囲が狭まってきた
・1、2番を任せたいが、バント右打ちなどの進塁打が下手
・中軸を任せるほど長打力はなく打率も、肝心の出塁率も平均以下

記事にあるように、これから落ちていく選手をこの年俸で獲得したがる球団は少ないように思う
若手を育てたほうがコスパが高いと判断するのは当然だろう
ただ、このまま京田に期待しても、中日では伸びしろは少ない、チーム改革のためにも、京田本人のためにも環境を変えてやったりして思い切って譲歩して出してやるのも必要なんじゃないかと思う

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる