MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

遊撃の定位置剥奪の中日・京田陽太 他球団編成が「トレード獲得は厳しい」と指摘する理由とは

https://cnews.yahoo.co.jp/articles/252f75dba5a82670ab0135d1e2f3498572efe7ba

京田の守備が評価されていたのは、守り勝つ野球を求められるバンテリンドームをホームとする中日だからこそという面もある。 記事にもある通り、現状では他チームでレギュラーを任せるには打撃面がかなり物足りない。 打率や出塁率、OPSの低さもそうだけど、進塁打やバント等の小技もさして得意でなく、相手投手に球数を投げさせる嫌らしさにも欠けているので戦力として厳しい評価にならざるを得ない。 今年あまり良くない守備はメンタルさえ元に戻れば問題ないとは思うけど…。 ドラファンとしてかつては期待していた選手だし頑張って欲しいけど、残念ながらこれが現時点での評価。 この悔しさをバネにして、これを覆すような活躍をして欲しい。

京田のストロングポイントは広い守備範囲、アンツーカー付近から逆シングルでも刺さる強肩、そしてフル出場できる身体の強さでした。
ただ遊撃手は本来激務だし、出場数を重ねてきた勤続疲労も祟っているのかもしれません。そう考えると巨人坂本は異常ですね。
これから先、遊撃手を何年担えるかも未知数ですし尚更打撃力を改善しないと意外な程短い選手生命で終わってしまう。

チームの年齢構成を考えたら、レギュラー基準で出場する事を諦めて、守備要員として直倫路線で内野ユーティリティを目指した方が選手生命は長いかもしれません。

打てれば数年は正遊撃手、打てないなら内野控え。今年は正に勝負の年です。
京田の闘争心を剥き出しにした姿を待ってます。

記事で読むまで気が付かなかったけど、守備範囲まで狭くなってるのも問題。
これが余りにも打てない打撃が守備にまで悪影響を与えているのか、単なる衰えなのかは分からないけど28歳で、これから身体能力的にもピークを迎えるのに衰えてるなら深刻。
打撃の悪影響によるモノなら守備力はあるから範囲も再び広げることは可能なはず。
でも、記事の指摘通りで今の打力ならスタメンを任せるには厳しいし、控えとして欲しい球団はあっても年俸は高すぎる。
トレードを画策するには難しいタイプであることには違いない。中日だって京田の守備力なら若手が出てきてたら守備固め代走要員として使うこともできるから長期的に考えても簡単にはトレードに出さないだろう…。

>>このままでは“むしろ年俸が高すぎる”という評価が定着しかねないわけだ。

・盗塁技術がなく、脚力が落ちてきて盗塁数が年々減っている
・ポジショニングではなく身体能力で守るタイプだから、その脚力と相まって守備範囲が狭まってきた
・1、2番を任せたいが、バント右打ちなどの進塁打が下手
・中軸を任せるほど長打力はなく打率も、肝心の出塁率も平均以下

記事にあるように、これから落ちていく選手をこの年俸で獲得したがる球団は少ないように思う
若手を育てたほうがコスパが高いと判断するのは当然だろう
ただ、このまま京田に期待しても、中日では伸びしろは少ない、チーム改革のためにも、京田本人のためにも環境を変えてやったりして思い切って譲歩して出してやるのも必要なんじゃないかと思う

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる