MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

立浪監督の気持ちは分かる、根尾と言えば入団時実力が未知数にも関わらずショート一本で行きますと豪語した、現在はどうだろう、ショートの京田がいない最大のチャンスなのに実力のなさで使ってもらえない、

立浪監督の気持ちは分かる、根尾と言えば入団時実力が未知数にも関わらずショート一本で行きますと豪語した、現在はどうだろう、ショートの京田がいない最大のチャンスなのに実力のなさで使ってもらえない、外野にまわせば年下の岡林に先を越される、根尾の現在の気持ちは本来入団時に言うべき試合に出れるならどこでもって気持ちだろう、ロッテの藤原もそうだが今プロの壁に跳ね返されてる、立浪監督の根尾起用法は私は反対だ、このままだとレギュラーも取れないただのオールラウンドプレイヤー、悪い言い方をすれば便利屋になってしまう、敗戦処理で投手をしているが今の成績はたまたまであり、これに色気だして投手一本で行きますと言い出すんじゃないか心配だ。

立浪が監督就任前に球団トップの地元枠命令で獲得したのが根尾。
当時は遊撃に有力な次世代も見当たらず、根尾が順当にレギュラーの座を掴み、球団人気を支えていくと思われた。
しかし遊撃で京田が実績を出し始め、実力主義を唱える立浪は遊撃を京田で固定した。

ここで球団から立浪に遊撃に変わる根尾育成計画が求められ、外野手構想を打ち出した。
そんな中で京田の不振と野球に取組む姿勢に不満を持った立浪は京田をレギュラーから外した。

これによって球団から根尾の遊撃起用の圧力が強くなったが、実力主義の立浪は根尾を特別扱いする気がない。
そこで試合で根尾を起用すれば球団は納得するだろうと考えてやったのが敗戦処理投手起用。これに球団はすわ二刀流と飛び付いた。

根尾の扱いを間違えると、立浪監督は長続きしないかもね。

外野がどうこう言う問題じゃないんじゃ?本人が試合に出られて色々な可能性を追求してるかもしれない。今は敗戦処理かもしれないが成績としてはいい方。投手陣温存にはなっている。このまま慣れてきたら抑えにもいける可能性もある。
可能性を潰すよりは生かす方がいい。
まぁ、最終的には結果がどうなるかだけど。
僅差の勝負で使ってるわけではないしいいんじゃない?v

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる