MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

正直今のままでは根尾選手は出番がないままになってしまう。


正直今のままでは根尾選手は出番がないままになってしまう。
それよりも実戦に起用することで、何か個性というか強みを…という考えでの投手起用である気がします。
だからこそ1回しか投げないし、それでもコンスタントに150km/hを投げてその回を無失点で抑えてるのだからその実戦テストは一定の結果を残しているのでは?と思います。
肩が強いことは証明されたので、じゃあその肩を活かしてどのポジションを目指していくかは、根尾選手本人と立浪監督、あとはコーチ陣が実戦での手応えを踏まえて話し合っていけば良いと思います。
落合は素晴らしい監督でしたが、どうにも未だに中日を自分のチームだと思っている感が強い気がします。

落合当時監督の立浪の現役晩年の扱いというのを思い出せば、仲が良いはずはないだろうな、というのは誰でも分かる。
落合を尊敬していた清原でさえ落合を悪しざまに言い出したのはそれが原因だったらしいし。
しかし根尾もそうだが、ポジションを取るのは結局本人の実力でしかない。
二刀流は面白い試みだと思うが、本当に本職を押しのけてまでやれるレベルにあるのか。
大谷にしたって去年の実績があるから今も二刀流やれているワケで、去年コケていて今の成績だったらバッティング一本に絞るようチームから提案されててもおかしくない。
本当にスーパーマン的でないと難しいよ、二刀流は。

立浪と落合は犬猿の仲?落合は立浪を代打の切り札として使い、立浪も結果を出していた。監督や選手の力量を見る目は立浪もあるが、落合の方が上。立浪が監督に就任した時の落合のコメントが面白い。野球だけは真面目ですよ。野球以外にはいろいろ問題ありのような発言。根尾の起用は立浪に任せるが、落合の言っていることは的を得ている。

監督は立浪なんだから立浪の好きにやらせればいい。
とは言え僕も本音を言うなら投手やらせるにしても敗戦処理みたいな使い方はやめて欲しい。
落合じゃないけど「どっちつかず」になる。本気でやらせるなら先発なり勝ちパターンのワンピースなり、ちゃんと立場を与えるべき。
「投手勿体ないからお前投げてこい」的な使い方の為にわざわざ根尾を温存してるなら
普通に勿体ないし、そういう使い方するならそれまでショート守ってて打席にも立ってるとか、そういう使い方にして欲しい。

ドラゴンズファンですが、落合は選手のドラフト、発掘、育成は下手で有名でした。森野くらいしかちゃんと育ててないし。森の連れてきた南米選手に助けられていただけだし、ベテラン重視で、今勝たなければいけないというやり方で、チームの将来のことを考えてやってなかった。落合に関する本を多く読めば、分かります。星野や立浪は、将来のことも考えてやっている。今勝つことには有能ですが、落合が監督をやめてからの惨状は、いかに落合が選手を使い切り、選手を育てなかったかの証拠でしょう。落合と言うことなんか、気にする必要はない。

立浪は選手と解説者経験しかない監督だ。依頼された打撃コーチ経験なんて履歴書の職歴に書けるほどの経歴ではないピカピカの監督1年生である。耳に栓をして外野の声を雑音として遮断するのではなく、謙虚な気持ちで外野の声の中にも、参考になる有意義な意見もあるので聴く耳を持つべきだ。1年目からの優勝は選手、監督に実力がついての話なので、誰が考えても無理です。落合氏は別格である。立浪とは経験値が違う。4球団を渡る歩き、5人の監督に出会い、解説者経験もあり、三冠王3回獲得した人物だ。だから監督就任1年目で優勝できたのです。立浪は自分もできると思って采配してるだろうが大間違いだということに気づいて貰いたい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる