MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

投手に転向して活躍出来る選手が根尾選手なのではないかと思うようになった。

投手で大成せず、打者に転向して活躍出来るようになった選手はたくさんいます!投手に転向して活躍出来る選手が根尾選手なのではないかと思うようになった。野手投げであれくらいの投球ができるのなら、専念すれば大化けしそうな気がする。今は、敗戦処理をさせながら、実力を探っている段階なのではないかと思います。

落合が日本プロ野球界のことをとやかく言うのは気にならないが、所詮、昔の日本の球場での長距離打者なのに、大谷のHRを論評する厚顔さにはあきれる。ついでながら、王さんが大谷のことをあまりしゃべらないのはさすがだと思う。飛距離の違いは当然として、その前に王さんは酒豪だったし喫煙者でもあったから、大谷や村上やダルたちのような、生活のすべてが野球漬けの者を論評できないことを知っているのだろう。

監督としての才能はプレーが上手いか下手かは関係ないというのはさすがに今では衆目一致のところ。

そしておそらく立浪にその才能がないことは誰もが気づいてしまった。

ここで問題となるのは、立浪自身のマックスを出してもこれはもうどうにもならないということ。監督というのは唯一無二であり、原則的に下の者から疑われた時点で終わりなのである。

もはや、立浪が落合の言うことを丸呑みしたところで、行動言動の一貫性のなさや見通しの甘さという(選手目線の)不信感は払拭できない。

今年頑張るだけ頑張ったらもう辞めたほうがいいだろう。勉強し直して将来に備えるべきだ。

落合もテレビ番組で、黙秘します。は出来ないので、渋々答えた感じですね。
台本にも書いてありそうですし。
立浪も現役時代、勝っている時だけ、サンドラを見ていたそうなので
今は調子が悪いので、野球番組も見てなさそうです。
チームが勝てば外野も騒がないので立浪監督には頑張って欲しいです。

別にそんな捻くれた解釈する必要ないでしょ。落合さんは今は解説者として意見を述べてるだけで、それが仕事でしょう。立浪は監督として結果を残せるように仕事をするだけ。立浪だって解説者時代はいろんな意見を述べてたわけで、何かに批判的な意見だって言ってたわけでしょう。お互い完全に意見が一致するわけもないし、それをいちいち対立的に見るのは偏狭的な考えなんじゃないの?

ドラゴンズファンの皆様はミスタードラゴンズの立浪監督を応援していますが、落合の意見が正解だと思う。だって根尾選手の才能は素晴らしい。根尾選手を育てたいのか、目先の勝ちにこだわるのか。勝っている試合に出すならまだいいが、敗戦処理に根尾選手を出すべきではない。たとえ大差で負けていても全力で戦う姿勢を出してほしい。根尾は客寄せパンダの選手ではない。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる