MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

立浪監督は、二刀流ではなく投手転向へ舵を切ったのではないだろうか。

立浪監督は、二刀流ではなく投手転向へ舵を切ったのではないだろうか。直近2試合でショートやスタメンはおろか、代走や外野の守備固めですら起用されなかったのは、変化球など投手の練習をさせるためだろう。今日はたまたま谷元が炎上し大差になってしまったが、徐々に緊張の高まる場面で試していくつもりなのだろう。
私は根尾に野手として成功してもらいたいと願っている一人だが、残念ながらこれから先、さらに野手としての出番が減っていくのだろう。

球速は速いけど、現状では球種が少なく先発や勝ちゲームに登板できる投手ではない。
コントロールされた縦の変化球を覚えたら良いのだけど、体格が大きくはないので指の長さが普通ならフォークボールのような挟む球種より、抜く系の方が向いていそう。野手を諦めて投手専任でないと無理な話ですけで。

勝負が確定した敗戦処理という事もあり、複雑な中日ファンより、むしろオリックスファンの方が、高校時代を過ごした第2の地元、大阪凱旋登板に嬉しいプレゼントになったんじゃないか。
先発が左の宮城じゃなかったら、ショートスタメンもあったが、今日はファンサービスという事で、まあ良かったんじゃないか。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる