MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

根尾がプロ2度目の登板 宜保に安打打たれるも2試合連続1回無失点 150キロマーク

Yahoo!ニュース
中日・根尾がプロ2度目の登板 宜保に安打打たれるも2試合連続1回無失点 150キロマーク(デイリース...  「オリックス-中日」(29日、京セラドーム大阪)  中日の根尾昂外野手が0-8の八回に5番手投手として、21日の広島戦に続いて、プロ2度目の登板を果たした。 ...

こんな起用法が根尾にとって、何の意味があるのかよく分からんな。 野手として出場していて、大差がついたから最後に敗戦処理として登板ならともかく、今の起用法だと序盤に大差がついたら敗戦処理投手として待機させられて、野手として出場する機会がなくなる。 まあ、大差でなくとも出場機会がほとんどないのが現状ではあるが・・・ 立浪は根尾をどの様な選手に育てたいのか全く分からない。 ショートで育てる気があるなら、2軍に落として経験を積ませるべき。 大島・鵜飼が戻ってきたし、現状1軍でショートで起用する気がないなら、2軍で試合に出させた方がいい。

日曜の点差が付いた試合に投げさせてるから、一応、次の月曜が休みってこと考慮した登板かもしれませんが、、
ピッチャーやると、相当、肩肘に負担かかる。
→次の日は、肩肘休ませるため、守備に付かない。
→代打しか出れない。
→出場のチャンスが減る。

もし、次の日、守備について、肩肘壊したら、ショートは無理になっちゃうよ。
根尾もイヤな時はイヤと断ってほしい。あと、正式なピッチャーと同様に、登板後は、ちゃんと肩肘冷却してくださいね。

今日、地元名古屋CBCのドラゴンズ応援番組のインタビューで立浪が「何とか根尾の能力を引き出し1軍で活かしたい。今後、登板を増やしていく。」と言っていた。4球団競合ドラ1としての期待値に見合う活躍をさせたい、おそらく球団ぐるみの取組みだと推測する。球団と監督に反感は禁じ得ないが、今日の投球を見るにつけ、本人さえやりたければ、投手根尾がどこまで行けるか、楽しみではある。

敗戦処理には勿体無い内容だけど、
これで色気づいて方針がブレブレになっても良くないので。

中継ぎを休ませる意味合いでの登板は有りだと思う。
外野か遊撃かは、ハッキリしてあげて欲しい。
遊撃で行く、と言った割に1試合しか使ってないので。

投手なら、1イニングを抑えるなんて普通で、150キロ投げる投手も、たくさんいます。
これで、野手として3割20本塁打であれば、二刀流とかで騒がれるのかもしれないが、現状は、そんな成績ではない。

いろいろ批判多いね..
敗戦処理だろうが一軍で抑えるって凄い事だと思うんだけど、そこには目を向けないのかな?
投手目線から何かヒントを掴めると良いなと思います。

昨日リリーフ使って、柳が誤算だったので絶対出てくるだろうなと思ってました。投手顔負けですね。圧巻のピッチングでした。打撃もっと上げれば二刀流も視野に入ってくるぞ。

根尾はショートに再挑戦。まずは2軍で守りを鍛える!
そんな話しどこにいったんだろ…
敗戦処理に外野守備固め。
打撃も良くなってきていたのに代打すらなく、毎試合ベンチ。
石川岡林だって我慢して使ってたじゃん。
なぜ根尾にはチャンスすらないのか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる