MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

井上尚弥撃破は既定路線 ドネアが宣言「“もし”ではなく、“いつ勝つか”なんだ」

Yahoo!ニュース
井上尚弥撃破は既定路線 ドネアが宣言「“もし”ではなく、“いつ勝つか”なんだ」(THE ANSWER) - Yahoo!ニ...  ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)は、6月7日にWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)との3団体王座統一戦に臨む。前回2019年の...

不気味ですね。今までここまで強気な発言を連発するドネアは見たことがないです。

ただ、裏を返せばここでもし井上に連敗するようなことがあればもう後がないのをわかっての決意の現れとも取れますね。仮に明確な負けかたをすれば引退も辞さない気持ちでしょう。第1ラウンドから目が離せませんね。楽しみです。

前回、眼窩底骨折で距離感が鈍った井上に対して当たっていたパンチは、万全な状態の井上には同じようには当たらないだろう。ドネアは、万全な井上を経験したのはたった2ラウンドだけで、残り10ラウンドは劣化版の井上。対して井上は12ラウンド万全のドネアを経験している。
案外一方的な試合展開になるかも。

ドネアが井上に勝っているのは
ステップワークと左フックのみ。
それ以外は全て井上、よってそこを更に対策されたドネアに勝算は無いと思う。
井上対策は正直しょうがないと思う。
自分のストロングを磨いて挑む以外、手はないがそれは既に対策されている。

井上にとってドネアとの体格差が一番の問題。
体格差を生かされたら怖いかな。計量後、戻りが大きいような減量に成功したら、かなり手強いかも知れない。

これは、勝つ自信より、勝たないと、。って言う覚悟の方が強いと思う。不安も間違いなくある。

ドネアは負けても引退せずにスーパーバンタム級で待ち受けていて欲しい。もしくはスーパーフライ級で王者になってくれ

この挑発も井上を打ち合いに出てくるよう仕向ける作戦なのかな。
アウトボクシングされたら総合力が上の井上が優位になるだろうから。

盛り上がってきましたね〜!
本当にどちらが勝つか分からない。
この歴史的一戦を見られることが幸せ。

今回はお互いが紳士的に挑発しあってるな。トラッシュトークが苦手な二人だと、こんな感じの掛け合いになるんだな。

下り坂の39歳と盛りの29歳だろ。普通なら怪物の勝ちと見たいところだが、何せこの自信と前試合の怪物の苦戦。ほんと分からん。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる