MENU

根尾が嫌いというよりも、『周平代打』が否応なくかつての自分と重ね合わせてしまって、意地でも落合のやり方を否定したいという気持ちが全面に出てるようにも見えてしまう。

根尾が嫌いというよりも、『周平代打』が否応なくかつての自分と重ね合わせてしまって、意地でも落合のやり方を否定したいという気持ちが全面に出てるようにも見えてしまう。
そうでなければここまでして周平を使おうなんて考えは今の数字と失策を見ても出てこない。ましてやショートがダメだったからサード起用してたのにまたショートで使うなんて考えられない。

石川という有望株を使うためにはどうしても周平を外すしかない。実際打撃も不調の周平を使い続けるなら、石川に色んな経験をさせる方が良いし、それは頭ではわかってるからサード石川になってるんだと思う。だったらもう今の周平ではせめて代打で使うくらいしか道はないのよ。その現実だけは立浪にも受け止めて起用してほしい。

解釈は自由でしょうが、現代のプロ野球で忖度や好き嫌いで判断するのはそうはないと思いますし、いちファンの個人的な感想ですが、立浪監督はそれぞれの性格を考えていくせいしてると思います。

周平は性格上1打席勝負には不向きで、駄目だった時の落ち込みが激しく、対する根尾君は真面目で集中力があるし、今は1打席確りボールに一転集中してヒットに出来るよう、それぞれの課題を克服するためかと。

連敗は彼らがやろうがなかろうが関係なくなってるし、臆測であれこれ言うのは違うと思う。それに、敗けだしたら『補強』だとか言うのは違うと思う、現に補強なしでも上位にいたし、他球団だって補強してなくても勝ってる所もある。タイトルのような内部事実や確証が出たなら解るけど、そういった臆測や転嫁が気持ちを悪くするし、ファンは自分が信じるドラゴンズを最後まで信じて応援することが大事じゃないかなと思います。

結局、ファンの評価は打てるか打てないかで我慢か批判か決まるんだと思います。
3割打てる選手はある程度守備は目を瞑ってもらえます。
2割前後では批判されます。

本来ショートという要のポジションこそ守備重視であるべきで、
開幕当初「ショートは守備優先だから打てなくても文句は言わない」という姿勢を見せていたのはとても共感できましたが、
それでも京田選手の打てなさすぎには流石に批判が殺到しました。

あげく、今は打てないだけでなく、守れない選手をショートに起用してしまっています。

「周平の打率が根尾とあまり変わらない」というところを見て「周平はそれじゃダメだろ」と思ってしまったw
今後のことを考えたら、石川が中軸として育っていくならサードは固定されるし、周平を使うならサードとしての選択肢がなくなるからショートも試してるんだろうけど、現状だとうまくいってない感じかな。もちろんいい頃のように打てれば話は別だけどさ。

それこそ根尾が使われなかった理由は京田がいたからだと思ってたので、根尾をショートで使うなら今のうちだと思うし、打席数立たせて打撃がモノになってきたら今後はかなりストロングポイントにできるように思う。
根尾にしても周平にしても、良くするための使い方は現状のこれじゃなさそうに思える。他球団ファンだから自信ないけど。

個人的に周平は好きな選手だけど、ショートに移動させてまで、使う選手だとは思わないな。
打撃凄いなら使えばいいと思うが、ランナーなしでは短打しか打てない、チャンスで打てないじゃ使えない。
ショートの守備に関しては練習してないから、ぎこちないのは仕方ない。
一方の根尾は色々やっているけど、ショートの練習をしてきてるし、もっと動けると思う。
打撃も上向きになってきてるし、何気にチャンスに強い。
周平をショートで使い、根尾を育成枠として立浪が使う気がないなら、周平vs根尾を贔屓なしで純粋に競争させて、勝った方が試合に出すべきだと思うな。
ショートは三ツ俣や溝脇だっているし、贔屓なしで競争させるべきだと思う。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次