MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

投手をやらされた中日「根尾昂」の現在地とは

Yahoo!ニュース
投手をやらされた中日「根尾昂」の現在地 評論家は「我慢して起用を続ける時期は過ぎた」(デイリー新潮)...  中日の根尾昂外野手(22)が5月21日、1軍のマウンドで初登板を果たした。対広島戦(マツダスタジアム)は、8回表が終了した時点で1-10と敗色濃厚。6番手ピッチャーとして...

やらされた、という表現は如何なものか。本人はやりたくなかったと断言しているけど、コメントでは楽しかったと言っている。決して無駄にはならないと思う。 だだそれは野手としての練習が十分に出来ていてこそ。外野の守備はボールの追い方など見ていても上手くなっている。でも出番がない。だからショートで、投手で、となっているが、場当たり感が強いのも確か。スイングも確実に去年よりシャープで良くなっていると思うけどヒットを打っても出場は限定的で、そのほうが問題だと思う。 守備力が足りないなら2軍だろうし、戦力として置いているなら周平ではなく根尾を出して育成しないといつまでもこのまま。まさか敗戦処理の投手として1枠を使っている訳ではないだろうし、使い方が中途半端すぎる。 周平こそ外野にすら打球が飛ばず打撃改造が必要だと思うし、とにかくまずはショートで使ってほしいね。岡林と石川はもう実力でスタメンだと思うので。

2刀流は、両方ともに一流になれる期待が大きいからやるもので、今の根尾選手はそうではない。素質は非常に高いものがあるのは感じるし、運動神経や反射神経、動体視力の良さは見ていればよくわかります。打撃は反射神経だけでは良くならないから、こういう結果になっているのでしょう。打撃は今のままでは使い続けてもよくはならないのではないでしょう。ただ、外野手としては、すでに非凡なものを感じますし、そこだけでも使い続ける価値はあると思います。しかし、今年は石川選手を使い続けるのが優先です。2人目まで我慢して使う余裕はありません。
投手はスピードが報道されていましたが、力んでコントロールできていなかったですし、2刀流は無理です。投手で行くなら、他は捨てないといけない。
どこをやるにしても、本人の気持ちは重要ですし、年齢は待ってくれないので投手変更してダメだったら戻れないでしょう。

我慢して出場させる時期は過ぎたと言われても使う時期は昨年ではなく、今だと思う。

今季は若手を積極的に起用し鵜飼、石川、岡林などが、芽を出しつつある。

昨年にはなかった若手の競争が始まっているわけで根尾もその流れに入れないといけないが、全く入れようとしない。

中日の育成がチグハグなのはこういう部分だと思う。コーチの教え方もそうだが、使う時期に使わない。

使ってみて結果が出ないなら、投手に転向すればいいし、ショートも本格的にやらせるなら、一軍には上げず二軍でショートで1シーズンやればいいと思う。

今の代打とたまに投手の真似事をするよりよっぽどいい。

あとすぐ大谷も二刀流しているみたいな話になるが、大谷の入団時からの成績見て、それ見てよく根尾にも二刀流の話できるなと思う。

根尾はまず打撃で片鱗見せないと話しにならない。二刀流なんて先の話。

昨シーズンまで充分すぎるほどチャンスを与えられても、結果を残せなかったのは
事実だし、現状後輩に抜かされつつあるのも事実。
育てる側の問題なのか、本人の問題なのかは意見も分かれるでしょうが、打者として
数字が残せてない以上、球団としても使い方をいろいろ模索するのは仕方がない。
根尾という人気選手をトレードに出す選択は、今のところないんだろうし。
敗戦処理でも1、2回投げてもらえるならいいと思うし、鍛えれば中継ぎの投手として
案外通用するのでは? 投手として通用しないという判断から野手転向だっただけで
プロのマウンドに立てることは、何より本人にとっても嬉しいだろうし。
使われ方に不満があるなら、奮起して周りを納得させるぐらい打ちまくれば、話は
また変わってくるんだろうけど。

敗戦処理で一回投げただけでこれだけ騒がれる
この時点で大成功だと思う

本格的なピッチング練習をたくさんしているわけではないので
打者としての練習量や負担はあまりないと思う
むしろリフレッシュやまた注目を集める事ができることが大切だと考えたのだろう

やはり根尾は生まれつきのスターなので
昨年チャンスを与えられつかめなかったとは言え
スタートしてレギュラーを目指すような立ち位置で
現在根尾に与えることができる最大限の配慮をしていると思う

根尾選手はこれまで優遇されてきたからね。
明るい話題の少ない中日の選手の中で、期待を持たせてくれた数少ない選手の一人だったけど、さすがにもう4年目。
球団としても、いつまでものんびり成長を待つことは出来ないだろう。

選手にとって、良い監督やコーチとの出会いは大切だと自分も思うが、そういう監督やコーチとの出会いをモノにして結果を残せるかどうかは選手の問題。
現状なかなか結果が出ていないのを「監督やコーチの育成の問題」とするコメントも散見されるけど、自分はそれだけではないと思う。

でも戦う姿勢はある選手だと思うので、とにかく与えられた場所で一生懸命アピールして、これからの新生ドラゴンズを担う中核の選手に育って欲しいな。

まず、大差が付いた時点で野手が登板すること自体に批判があるなら馬鹿げている。若干状況は違うが、イチローですらマーリンズ時代にマウンドに立ったことがあるのに。立浪監督も「ファンサービスとブルペンを休ませるため」とだけ説明すればいいのに。この説明すら不要だと思うけど。ただ、ここまで新庄監督がこれをしてないのは意外感がある。
一方、根尾が投げる姿の写真に「二刀流誕生!」と嬉々として伝えるメディアがあった。中日新聞。いや、おたくが才能ある選手をうまく使えなかった結果が(もちろん本人の責任もあるが)、今の議論でしょといいたい。
今後どこを守るにしても、根尾はドラゴンズにこだわる必要はないし、ドラゴンズもまともにレギュラーで使う気がないならトレードに出すべき。その方が彼のため、そしてNPB全体のためにもいい。むしろ、根尾を欲しいと言うチームが出てこないかな。

根尾は、ファンが望むほどのスピードではないものの、毎年少しづつ着実に打撃も守備も成長している。立浪監督は、根尾以上に実績のない石川を早々と三塁のレギュラーに据えて育てる方針を打ち出したのに、どうして根尾をここまで冷遇するのか理解できない。ショートの守備だって、まだ堅実性はないものの、他の選手にはできないようなファインプレーも随所であるし、ファンがこのまま起用を続けてほしいと思うだけの光るものは十分に見せていると思う。立浪監督が最近批判されるようになったのには色々な理由があるだろうが、最もファンを失望させているのは根尾の起用法だと思う。

シーズン前が「今年は外野一本で勝負」
京田降格後に「ショートでの起用もある」
広島戦登板後に「こういう起用もある」

今年の根尾起用に関する立浪監督の発言をまとめると大まかにだけどこんな感じだと記憶してます。

チーム事情によって選手起用が変わってくるのは理解できるとしてもちょっと節操が無さすぎると思うし一貫性に欠ける気がします。

立浪監督が根尾を将来的にどのような選手にしたいのかがはっきり言ってまるで見えてきません。
ドラフトで4球団競合してまで獲得した選手を中継ぎ投手を休ませるための敗戦処理投手でしか使わないのは非常にもったいないと思う。


どんなに素晴らしい素質をもっていても、それを活かすことができるかどうかは球団や監督・コーチの姿勢にかかっている。清原和博氏はライオンズで即一軍、その後は4番を任された。田中将大投手は、即一軍ローテーションで投げた。彼らに卓越した才能があったからではあるが、「使う」という森、野村両監督の決断が彼らのその後を決定づけたように思われる。一方で、1年目は二軍戦にすら登板せずに徹底して体づくりを行い、デビュー戦でいきなり完封、その後はエースの一人として長く投げた槙原寛已氏のような例もある。入団時は「ショートに」という構想があった斎藤雅樹氏の場合は、オーバースローからサイドスローへの変更、起用法の変遷があったが、最後は大エースと呼ばれる存在になった。藤田元司監督との出会いがなければ、大エースは誕生しなかったかもしれない。根尾選手は現在まで「出会い」に恵まれていない印象である。

根尾にしても増田にしても、コントロールも良くそれなりにスピードも変化球もあり、試合の中で違和感ないレベルで投げてた。
増田なんて桜井よりいいじゃん!なんて言われてたしw

あのぐらいできるなら、投手温存で野手を使うのをとやかく言う必要すらないのでは。

控え選手なのだから、出られるところでチームに貢献するのも大事で、
チーム全体から見たら負け試合の1イニングでも食ってくれたら凄く大きい。
投手が尽きて勝ちパターンで使いたい人を入れてしまうと、次の試合に影響する。

また、特に根尾の場合は、プロとしても大事なファンサービスにもなる。

立浪は石川・鵜飼・岡林は我慢して使うが。根尾はその範疇ではない。また2刀流なんて全く考えてないどころか打者としては諦めた。守備力も落第だから2軍で練習させても1軍で使う気がない。したがって投手しかないと根尾自身が思うように仕向けている。ファン心理としては高橋周平の力ないバッテングにどうしてこんなにダメになってしまったのか不思議でならない。根暗な周平よりはチームにとって根尾の方がいいと思う。根尾を中途半端に使うならトレードか自由契約にしてあげて欲しい。立浪には育てる気がないようだ。ホームランバッターが大好きな立浪、贔屓が過ぎるのか、見る目があるのか、監督としての能力がないのかまだわからない。

現在地は内外野のバックアップと代打、もしもの時のリリーフ。これが彼の現在地。
頭のいい彼ならその立場を理解していると思うし、ここに居ても野球が上手くなりたいと練習もしている。
また彼が二軍で試合に出るという選択肢もあると思うが、現在の中日に下から推薦されるほどの選手が居ないということもあると思う。

「やらされた」という表現はいかがなものかと…
あの場面で投手を温存して、試合を崩壊させず、エンターテイメントとして成立させるという役割ができるのは根尾だけだったんじゃないでしょうか?

「やらされている」という表現が似合うのは今のショート高橋ではないでしょうか?彼はなんでショートをやっているのでしょうか?京田が戻ってくるまでの緊急措置的な起用だとしても1試合で1エラーをコンスタントにしてしまう選手をショートで使うのはいかがなものか。しかもこれまで練習してこなかったポジションで…

基本的には立浪擁護派ですが、ショート高橋は全く理解できません。(あと代打の切り札福留) このところ高橋は低迷してますが、やっぱりチームを引っ張っていってほしい選手で、そんな選手をやったことないポジションで出して泥沼に突っ込むようなことはしないでほしいなぁと思っています。v

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる