MENU

実質補強なしの今年は30歳前後選手の選別に使っていいと思う。

実質補強なしの今年は30歳前後選手の選別に使っていいと思う。
そこから来季に向けて若手の育成、ドラフト、補強、外国人補強を考えたらいい。
大きなお金が使えない中日だからこそ、使える選手と使えない選手を別けてから補強にピンポイントで使うのはいいと思う。
高橋にしても京田にしても、使ってもらってるのは贔屓ではなく、最終オーディションみたいなものだと思う。
ここで落ちたらあとがない。
逆に根尾はまだそのオーディションに参加しなくてもいい立場、だからこそいろいろなとポジションをお試しで使ってもらえてるんだと思う。

周平はチームの中心選手。その選手をどかせて、サードに石川をすえた。自分が星野監督に抜擢され、宇野を追いやったときに、星野の宇野に対する気遣いをみているだろうし、森野が落合監督に抜擢さて、自分が追いやられたときに抱いた気持ちもわすれていないだろうから、立浪は周平に対して、何かしら思うところがあるんだろう。阿部を外野にコンバートしようとしたくらいだからね。怪我をしていないのであれば、何とか周平を使ってやりたいという気持ちがあるのだと思う。対する根尾は、期待の若手の一人という認識なんだろう。何とかしてやりたいと思っているだろうが、他の誰かを押しのけて使おうとまでは思っていない。石川と根尾は立浪の中で、立ち位置が全然違うのだと思う。岡林は自力でレギュラーを勝ち取った。鵜飼はアリエルとの競争。根尾には代打でのチャンスを与えるのが、今の立浪の精一杯なんだと思う。もっと勝負に徹してもいいと思うけど。

逆に1番考えてるからこそ中途半端に使い続けないと思っていると思いたいけど周りやファンから見たらどうしても違和感が拭いきれない。高橋周平ショートにしてまで根尾を使わない理由が理解できない。三ツ俣や溝脇使うわけでもなし。周平のバッティングが悪いのは素人から見ても明らか。当然監督も分かってるはず。なだけに違和感感じる。意地なのか揺るがない信念なのかは分からないけど現状を観たら意地はってる場合でも信念貫いてる場合でもない。結果が全てと語るなら。その時代、チーム状況に適した采配、人選しなかったら誰も納得しないし、結果も出ない。若手が成長し始めたのはまだまだ小さい光。もちろん大事だけどチーム全体で流れ作れなかったら勝てない。綺麗事なんかより勝ちが見たいだけ︎

サードとショートは一緒では無いと思うが、立浪さんが言うならそうなのかなぁ。
サードは脚が遅くても大丈夫だが、ショートの脚の速さはかなり重要だと思うけども。あとは細かい守備位置の動きがショートの方が複雑なような。
肩が強くないといかんのは両方ともそうだが。

まぁ周平ショートは守備は期待しない感じだと思う。遠藤が守ってた時みたいに。ただ遠藤の時はほんまショートの守備は大切だと痛感したが。

周平頑張ってくれ。

自分は待ちに待った監督なので今シーズンは若手育成の年だと思って自分は多少の連敗でも我慢するつもりでいます。他球団とは違い戦力は圧倒的に不利なのはわかっていた事。それでも岡林、鵜飼、石川が出て来てくれた事は良かった事。それに根尾が出て来てくれれば尚更良い。監督の采配は周平の起用以外は至って普通の采配をしていると思うし。昨シーズンの与田の迷采配よりはずっとマシ。
優勝なんてのはおこがましいが、立浪監督ならば選手の意識改革をやってくれると信じたいし。何より待望の監督。自分はこれからも立浪ドラゴンズを応援したいです

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次