MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

「根尾は今ピッチャーやってる場合じゃない」山崎武司

Yahoo!ニュース
「根尾は今ピッチャーやってる場合じゃない」山崎武司さんがバッターへの集中を助言「二刀流、流行ってるけ...  14日、東海テレビの『ドラHOT+』に出演した山崎武司さんは、8日にファームの阪神戦で中日の根尾昂選手がピッチャーとしてデビューしたことについて触れ、「今はピッチャ...

複数ポジション守れるのは選手生命を伸ばす武器にはなるけど、投手はまた違うからなぁ。 練習時間も取られるし、そもそも大谷みたいな成績残せないなら、起用法を綿密に組む必要のある二刀流はコスパが悪過ぎる。 投手練習してる間に他の選手が爪研いでる訳で、たとえ遊撃にライバルいなくても根尾が伸び悩めばドラフトで若手を獲得して年齢差からチャンスが減っていく。 まだ若いからと言って、下積み時代に大きく迂回ルートを歩んだ為に後手に回る可能性もなきにしもあらず、歳取ればとるほど焦りも出るし、できれば野手専念でやって欲しいけどな。 ポジションも遊撃か外野、これもどっちかに絞って欲しい。

ファームでのピッチャーと言うのは、気持ちのスイッチを入れ替えてモチベーションを高める為の策だったのかな、という印象を持ちました。
根尾選手がピッチャーをしたら、本人にも刺激になるでしょうし、観客の皆さんも喜ぶのでしょう。

今日の試合でも、根尾選手がいる事で華やかさが増しているような気がしました。
現場のチームの雰囲気や評価と、テレビ画面を通して見る側の評価では異なることもあります。
一般のファンは根尾選手が出ることを望んでいる人が多いかもしれません。

今日のヒット素晴らしかったです。
1塁ベースでの先輩とのツーショットも、ずっとテレビカメラが抜いていましたね。
進塁を念頭にずっと集中していたのが見て取れました。いつでも全力投球なのが伝わります。

打撃では、下に落ちるボールに対応できたら更に幅が広がるかなと思いました。

今日はナイスヒットでした。頑張ってください。
応援しています。

本当にその通りだと思います。
ただ打つ方より投げる方が良ければ投手転向もありだけど、高校野球で二刀流やってたからと言ってプロでやれるかはわからない。
だいたいプロに入る投手は高校時代は4番や主軸打つ人が多いわけですし、石川昂も二刀流だったし、でも大抵の人は投手から野手になる人が多いのはプロでは速いだけでは通用しないから。こないだの甲子園でも連打くらってたし、だいだい身長が低いので体の使い方を変えないと無理。
そんなのやってみなくちゃわからないと言う人もいるでしょうが、どっちつかずになるのが怖い。

野手で打てるようになってほしい。以前より少しは良くなってると思いたい。
野手は投手よりも覚醒するのは遅いです。ヤクルトの村上などは別ですが、あまり根尾選手を焦らさないよう見守りたい。

根尾選手のファンだし応援してるんだけど、今日の打撃を見ていても、悲しいかな昨年の感じとあまり変わらない。2回の安打も何とか食らいついて当てたらあそこに飛んだみたいな打球だったし・・。 甘いボールも来ているのだから、狙い球を自分の打撃でしっかりと捉えた打球を見せてほしいです。 残念ながら、昨日、今日とそういう打球はなくて、打席を見ていても、見逃すボール、振りに行くボール、何だか脈絡がなくて一体何を待ってるのかさっぱりわからない。比べては可哀想だけど、丸の打撃なんかを見ていると、打てるボールを絞って、くさいボールはファウルして、甘く入ってきたのをしっかり捉えていい打球をを飛ばしている。打席で何をしようとしているのか、見ているものに伝わってくるし、やはり打席の中での待ち方自体が違うように感じます。二軍では甲斐野の157kmの内角高めをライト線へ弾き返したし、内容はよくなってきていただけに残念。

OBでも権藤や吉見のような投手は根尾の二刀流に期待し、山崎のような野手はバッター集中を言うのは面白い。
実際にはショートメインで、大差の敗戦処理で投手を使いたくない時に出てくるくらいでしょう。

あと、根尾をディスっている人多いけど、バッテイングが柔らなくなっているのが明らかにわかる。山崎以外にも谷繁も、立浪監督も良くなったと褒めている。ショートの守備さえよくなれば、ある程度我慢して使ってもいい段階に来ているよ。一軍の投手の生きた球を打たないと伸びないからね。

根尾自身がどうしたいのかが1番だろうけど、中日がどのように育てたいのかが全く見えてこない。
今の状況ではピークが高校までと見られても仕方ないと思う。守備・打撃・投手1つでも特化した技術があっても生き残るのは難しいプロの世界で色々ためして芽が出ないならば残念ながら即戦力としてのレベルではないと言われても仕方ない。二刀流は例外中の例外の場合だと思う。大谷の桁違いのレベルをマネできるとは思えない。大谷だって日ハムの時だって、エンジェルスの時も1年目から結果を出している。根尾がプロの世界で生き残るならば、1つに絞った方がいいと個人的に思う。色々手を出して結果的に中途半端で終わるのは絶対に避けてほしい。中日ファンではないけど、新聞の中日のオーダーを毎日見てしまう。根尾の名前を探してしまう。
がんばれ!根尾昂!!

豊田(右打者) 2ストライクから外角スライダーを引っ掛けさせて三ゴロ
高寺(左打者) 1ボール2ストライクからアウトローの150km/h直球を左前打
中川(右打者) 直球やスライダーをファウルで粘られてフルカウントからインハイを左前打
遠藤(左打者) 1ボール1ストライクからインローのスライダーをライトオーバーの2塁打
後は投手相手の空振り三振

ブランクがあるにも関わらず、プロのストライクゾーンに適応していた上で、ど真ん中はほとんどなく、変化球も含めてコースは突けていた。
プロに入ってストライクゾーンに適応できず引退する選手も少なくないのに、プロで本格的に練習しなくて制球できるのは本当に凄い。

中日の投手事情には詳しくないが、球質か球威が改善できれば、20先発で10勝くらいは勝てる投手になるのでは。
なので、むしろ「打者をやっている場合じゃない」と思ってみる。

大谷の活躍以降メジャーでも二刀流を目指す選手が増えたが、結局のところちゃんとした二刀流といえるような選手は大谷以外見当たらない

打撃専念でさえレギュラーも取れない根尾レベルで二刀流はムリだろう

野手なら、守備固めで起用されている内に打力を磨いていくか

投手なら、ワンポイントで何試合も結果を出して認められるか

そのどちらかに専念してのし上がるしかない
今はそのレベルの選手であることを自覚するべきだ

投手根尾の是非というより、このまま野手で通用するのか?ってのが重要なのだと思う。
リフレッシュになろうがならまいが普通はやる必要がないはずのことを、ここまでわざわざやろう(やらせよう)とするってことは、球団としては「投手でもいいからなんとか花開いてくれ」という意向は少なからずあるんだろう。

その上で「で、どうすんの?」ってのはきっと根尾自身の問題。
投手にしては上背が足りないところはあるし、本人もそれを分かってたから野手を選んだんだろうけど、だったら打って見返すしかない。
阪神ファンだけど、根尾はやっぱレギュラーでみたいよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる