MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

京田は特に、闘志のなさが見て取れるよ。打率からズーン、、、となるのはわかるけど、まずは2割に乗せるんだ!と言う気概を持って望んでくれよ。

監督の檄だよ。応えない選手がだめ。
京田は特に、闘志のなさが見て取れるよ。打率からズーン、、、となるのはわかるけど、まずは2割に乗せるんだ!と言う気概を持って望んでくれよ。花形ポジション故固定出来ないのは痛いが可能ならローテーションさせて競争を激化してほしいし、なんなら異例とも言えるけどショート用助っ人外国人を取るのも一つ。

いや、与田監督がぬる過ぎた感がある。

一回熱湯に落として這い上がらせないと自分達が置かれた状況を理解しない。

京田はその最たる例。去年の年俸更改時に不満を漏らしてた。

成績悪いのに、なまじ守備が良かったから出場機会を与えられた結果「出場数が多かった事を評価して欲しかった」って訳の分からない事言ったしね。いや、そこまで言うなら打てよってツッコミ入れたかったレベル。

で、結果コレ。それ見た事かと。年俸が希望に近くなかったらやる気無くすとか子供かよと。

長く批判しちゃったけど、要は勝つ事に貪欲になれって意味で、今の中日に足りないのは熱さだよと立浪監督は言いたいのではないかな。

こう言う指導者が最も厄介だよな
プロの監督としては失格だよ
職人タイプの選手を完全否定することになる
金本監督にとっての鳥谷、立浪監督にとっての京田
どちらも感情を全面に出してプレイするタイプじゃないのにそれを要求すりゃいろんなところが崩れる訳で
少なくとも立浪監督は人気は超一流かも知れませんが、個々の選手の長所を引き出し全体をレベルアップすることのできる監督じゃないね
気に入った選手が覚醒するのを大胆な外国人補強をしながら待つという感じ

立浪監督の厳しく扱った京田への対応は、間違っていないと思う。
プロ野球でお金を稼ぐのは想像以上に過酷だし、戦力外になったらセカンドキャリアを考えなくてはいけなくなるくらい厳しい世界。
それで生半可のプレーをしていたら、自らそのチャンスを手放すのと同じ事をしている。
あとは、その立浪監督が叱った意図を京田がしっかりと理解出来ているかが鍵になるね。

>個人の内発的なモチベーションを重視するコーチングの考え方は、私自身の考え方と非常に近いものがあります。ただ私は、「強制して何かをやらせること」を全否定しているわけではありません。スポーツでも仕事でも、明らかに基礎力が不足している場合は、自由を与えても楽しめませんから、反復練習のようなことを強制的にやらせることもやむを得ないでしょう。(平尾誠二氏の名言)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる