MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

京田にしたって、ビシエドにしたって、監督自らも、コーチを通しても打撃指導を重ね、引き上げを図ってきたが、京田については打撃不振が続き、守備でも自信がないプレーが続いたので二軍に落としただけで、「精神論に人」どころか全く理にかなった人の使い方だと思う。

なにが「結局は精神論の人」なの?
京田にしたって、ビシエドにしたって、監督自らも、コーチを通しても打撃指導を重ね、引き上げを図ってきたが、京田については打撃不振が続き、守備でも自信がないプレーが続いたので二軍に落としただけで、「精神論に人」どころか全く理にかなった人の使い方だと思う。
ビシエドも本人と話し合って4番から変えたけど、それが刺激になったのか打率は随分良くなり、昨日は4番に戻るなど、上手く選手に刺激を与えて活性化させている。
ここまで言うのなら、球団関係者や番記者も名前を出すべきでしょう。

技術や体力はあることが前提
その上で精神をどのような状態に持っていくかが重要

それは時代遅れでもなんでもなくて
現代スポーツにおいても最も大切なもの

アプローチの仕方は旧時代的かもしれないが
チームとしてできるメンタルコーチングとしては
重要な部分を抑えているからいいと思う

僕もそうだが、いわゆる闘志が表にでないタイプは、損をすることが少なくない。京田選手もおとなしく優しそうな顔立ちなので、それがアスリートとしてのデメリットになっている。それでも試合の中継でしか彼を観ない僕でさえ、物足りなさを感じていた。今年選手会長を務めるほどなので、人間的にはチームメイトから評価されているのだろうが、グラウンド上となると話は別だ。立浪監督としても覇気に欠ける選手は使えない。強面と評されても仕方がない。他の選手がショートの位置を固める前に帰ってきてほしい。

今年の中日の試合は明らかに昨年とは違う。メンバーが大幅に変わった訳ではないのだから、監督初め首脳陣が変わったからだと思います。
ここに書いてあるような精神論の部分は少なからずあるのだと思います。
ただ、ファンとして明らかに今年の選手達の方が躍動感があり、応援したい野球を見せてくれています。それでも、ダメなのでしょうか?

結局、京田選手も萎縮してしまったのではないのか…
今時の若者は親にも先生にも叱られないで育てられてるから鉄血制裁はやめておいた方ががいい。主戦力が20代中〜後半になるから、なんだかんだでこのくらいの若さの選手を活かさないと最後は自分の首に関わってくるだけ…
闘争心がない、とか言われてるけれど、
難しいネ。
例えば現役時代の山崎武氏なんかは星野仙一氏政権下で鉄血制裁で殴られながら食らいつき文字通り闘争心を発揮してキャリアを築いたが、他球団へ移籍後は上層部へ一言噛み付いたりして逆に闘争心がアダとなって使われなくなって苦労していた時期もある。
その辺は人の機微というか要領の良さというかずる賢さが必要だろう。
立浪氏自身も学生の頃から要領が良く首脳陣の人柄をよく理解して1人だけ怒られないほどの処世術を身につけていたそうで、何でも自身と同じくらいの能力や感性があるとは考えない方がいいのに…

立浪監督の、勝利に対する執念に拘るというのは、誰もが納得するところです。
ただ、今すぐ名古屋へ帰れと言われて、そこで発奮する選手と、逆に成績が悪くて落ち込んでいた所へ、さらに落ち込んでしまう選手がいると思います。
生真面目な京田選手からみれば、おそらく後者だと思います。
難しいですが、今まで中日の為に頑張って貢献してきたのは間違いないので、兎に角、京田選手の奮起を望みます。
頑張って下さい。
応援しています。

「即二軍落ち”も14年の谷繁政権以降は激減。」それ、まさに低迷の時期。中日の低迷期が長引くことを願っているのか?
人の不仲、不幸を喜びとしている文春らしい記事。
片岡二軍監督が連携して京田をフォローしており、結果出せずに非難されるよっぽど京田のためになる決断。
根尾だけでなく、三ツ俣、溝脇も結果を出しており、無条件でショートに復帰させるのは難しい。走塁、バント、守備などこの機会に一からレベルアップして、複数ポジション守れるユーティリティプレイヤーを目指してほしい。成長を促すための叱責とパワハラは別物。指摘されず気づかないまま選手生命が縮まる方がかわいそう。
そもそも球団関係者の言葉も切り取ったり誇張しているのでしょう。SNSや動画で選手や関係者が直接発信できる時代、チームの様子はマスコミの情報以外からも入ってくる。明らかに歪曲した記事は見透かされることを理解したほうがよい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる