MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

井端氏も言っていたが「20代までなら周りも助言はする。しかし京田が30代になっても変わっていなければ『アイツはそういった選手』と扱われる」

仮に全てが事実であったとしても結果がすべてのプロの世界。京田が2軍に落とされても致し方ないと思う。そもそも京田に対しては以前より井端氏も言っていたが「20代までなら周りも助言はする。しかし京田が30代になっても変わっていなければ『アイツはそういった選手』と扱われる」つまり、今変わらないといけないと。苦言を言われていましたよ。誰も京田が嫌いだとか憎いと思っていないでしょう。あれだけのスキルを持っているのに、あと少し改善すれば輝くのに。それが出来ないことに歯痒く思われているのではないですか?荒治療もその一環だと思いますよ。

プロの世界なので戦う姿勢が見られない選手を使い続けることの方が、周りの必死にやってる選手に対して失礼だと思います。実績があるから安泰と考えて気を抜いているとすぐに抜かれるのがプロの世界。どの仕事でも同じことだと思います。ここ数年覇気のないドラゴンズには、是非切磋琢磨してもう一度強くてワクワクする試合を見せてくれるチームになってほしいと願っています。

何も監督が暴力を振るったわけではない。

プロである以上、野球でお金をもらっている立場なら至極当然の論理。
今の京田選手にその監督の期待や思いが届かないなら逆におかしいだろう。

亡くなった友を想う、人一倍真面目に努力をする選手だと思っていた。
新たな選手が加入·台頭して、ちょっとコロナ禍で大変な部分もあるが、中日は不気味な存在。京田選手はそのチームを引っ張っていく立場だろう。

傍からはチーム内のことはわからないが、記事が正しいとして、現状戦う姿勢を見失い、発奮しない京田選手の方がどうかしてないか。

調子が悪くなるとすぐ2軍に行かせるという風潮が早くなくなることを願う。
プロなのだから、大事な選手には試合の中で突破口を見つけることを求めるべきではないのか。
精神論だか技術論だか知らないが、プロ野球の監督もコーチも、2軍に下げて責任放棄するのではなく、選手の調子がなかなか戻らないのはスタッフの対応が適切ではないのではないかと考えられるように、もっとコーチングを学んだ方がいい。

京田の気持ちはほんとに分かる。自分はプロに届きすらもしなかったザコみたいなやつだけど何回もスランプがあって自信が無くなって何やっても上手くいかない自分にめちゃめちゃ悲しくなる。悔しいより悲しい。首を傾げるのもほんとに分かる。正直立浪のやり方は嫌いだし時代遅れだけど今回はしょうがないかな。スポーツは結果が第1。それに暗い雰囲気が伝播しないようにと判断したのはとてもいい判断だと思う。二軍でなにかきっかけ掴んではやくスランプ脱却して欲しい。

元スワローズの宮本慎也さんも自身のブログのタイトル通り「球道即人道」と仰る通り人間性も必要になってきます。雰囲気を悪くするような選手は要らない。エラーしても、次は絶対取るぞ、とかミスした分はバットで取り返す!みたいな闘志溢れる選手ならばある程度結果が出なくても監督に使おうと思われる。ベンチでも声かけしたりスタメン選手のために水を用意したり、そういう姿勢。チームにはそれが必要。若手もベテランも関係ない。京田にはそれがなかった。だから帰らされた。それが全てだと思いますね。

スパルタは時代錯誤だとは思うが、メンタルを強く持ち続けることは重要だし、野球のゲームの流れやプレー一つでも、メンタルの持ちようで変わり得る(球際あと数センチや勝負球の球威など)。
もちろん技術や体力あってのものだけど、やっぱりメンタルを強くすることも大切で、間違えてはいないと思う。


非表示・報告

現役なら、西武の源田かソフトバンクの今宮かどちらかのスタイルを目標に置けば良いんじゃないかな? 源田はホームランは少ないものの脚の速さを活かして三塁打、二塁打を稼げる選手だし、打率も
.270〜.280打てる。
ソフトバンクの今宮は今年こそ打率は良いものの例年はそれほど。ただ振り切っているのでフェン直やホームランは結構打てる。2人とも犠打や守備力は抜群。 
巨人の坂本は別格クラスだし、この2人なら目標として設定しやすいんじゃないかな?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる