MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

根尾昴 確かに吉見さんが言うとおりフォーム、仕草、マウンドさばきを見てると板についている感じはします。

確かに吉見さんが言うとおりフォーム、仕草、マウンドさばきを見てると板についている感じはします。ただ、投手としてのトレーニングをしていないので首脳陣も本格的に登板させるとは思っていないでしょう。 それであれば秋季キャンプやキャンプの時点から鍛え方のプランが変わってきているはずだからです。遊撃なり外野なりまずは打者として彼を一人前に育てることが最優先であり投手起用もその一環だと思われます。 彼の悪いところは全ての球に対して最高のスイングをしようとするところ。 身体能力が高すぎるので全ての球に完璧に対処しようとする。それはプロでは許してくれないし、大島選手でも打ちづらいボールは敢て軽くカットしたり見極めます。 いつも全力ではなく、いなすという呼吸を覚えることが根尾選手の課題。投手が自分をどう見ているかの視点を彼に想起させる為に敢て投手を経験させたのだと思っています。

数年後には可能性はあるかもだけど今はショートの守備、打撃を磨くべき。シーズン中に準備して通用するほどプロは甘くない︎いいバッターには打たれるんじゃないかな︎やるならキャンプの時からやらないと難しい。期待したいのは分かるけど今ではない。それに二つの事を同時に出来るほど器用でない気がする。もちろん期待はしてる︎あれだけの努力。報わせないと︎まずは守備、打撃を自分の形見いだそう。

根尾本人はどう思っているかを聞きたい。入団時、球団から打者一本でと言われたが、特に反応はなかったと記憶している。どのポジションでもレギュラー争いに勝たないと試合には出られない。遊撃はもし京田が打ち出したら(可能性は極めて低いと思う)すぐに1軍だろうし、外野は大島が復帰すれば残り2枠でかなり厳しい争いになる。今のところ投手の可能性は低いとの見方が大勢だし、リリーフ陣の勝ちパターンに入るのは至難の業。どこも険しい道のりなら、本人の意思を尊重してあげたらどうだろう。

二刀流などということができるのはプロでもごく限られた選手。投手も野手もというポテンシャルがあるなら、ぜひ実現してほしい。
大谷の登場でこれまで二刀流はできないと言っていた評論家たちも批判を封印。つまりは常識が常識ではなくなった。
ショートからワンポイントで投手をへて、再びショートに戻ったり、さらに外野に回ったりできるなら見ている方も楽しい。
中日には、4番を打つ外国人のアリエル・マルチネスがいる。本業は捕手。
根尾がショートからリリーフ登板するならアリエルがレフトから捕手に入るなどということが実現したらこれまでには考えられない選手起用で見ている方は楽しみでしかない。
投手の体力的不安と怪我が心配だが、それさえないなら、まずはビハインドゲームのショートリリーフからでも見てみたい。

通常では1軍の試合で根尾がマウンドに立つことはさすがに無いとは思いますが、可能性がゼロではないと思います。今年の立浪監督なら戦術の1つとしてそんな作戦も頭の片隅に持っているかも知れない。育成上がり投手の大抜擢や5回限定投手など、昨年までなかったワクワクする戦術で今シーズン戦ってきている。結果も出ている。本当に楽しく応援できている。主力が多数離脱して心配だが、そんな事態でもどんな戦い方を見せてくれるのか本当に楽しみです。頑張れ立浪ドラゴンズ!

5月中は、二軍ショートでゲームを経験して鍛える計画だったのだけれど、新型コロナ感染の影響で一軍に呼ばれた。ショートは京田に替わった三ツ俣が好調であることと、大島・平田・鵜飼がいなくなった外野陣が手薄になったことから、苦肉の策で外野で出場している。「チームの育成方針があやふやだとか、根尾をどうしたいのか」などの批判もある。現状(コロナ禍)ではやむを得ないと思うが、現状を乗り越えた時点ではやはりショートで起用してほしい。
三ツ俣の年齢(30歳)や京田の不甲斐なさで、根尾には大チャンスが訪れているので、絶対にこのチャンスを掴め!。
大島始め、離脱選手が復活すれば、二軍に戻ることになるかもしれないがそれで良い。二軍で徹底的に鍛えて、夏場に上がってきてほしい。
ピンチにショートから根尾がリリーフし、抑えてショートに戻るなんて、確かに夢はあるが投手の練習も満足にしていないので無理があると思う。

メジャーではブルペンを休養させるために野手が登板する事がありますが、それなら理解できるかな。でも先日の登板のように球が浮いてしまっている状態なら、投げてもすぐ交代するんじゃないかな。実際、今シーズン、一軍はセリーグ最下位の阪神の2軍、しかも下位打線に連打されてるわけだし。3年間プロでプレーして未だにポジションも決まらず一軍と二軍を行ったり来たりしてる選手に野手と投手の二刀流をやらせるのは可哀想な気もする。入団4年で成績が上げられないようだと来季の契約が危なくなるのがプロ野球というイメージがあるのですが。

MLBの大差負けゲームでは、ブルペン温存のための野手登板が時々見られる。
しかし、勝てる可能性のあるゲームでも登板できる野手がいれば、より戦力アップになると思う。
投打がトップクラスの大谷選手とは違うタイプのユーティリティープレーヤーがいても良い。
投手としても野手としてもプロレベルに達すれば試して欲しい。

確かに投手根尾も見たいが、今はショート根尾専念でいい。
あれもこれもこなしてしまうからこその故障が怖い。
投手はあんまり年齢が経ってしまえば球速の落ちてくるから今のうちという考えもあるが、やはりまずはショートで出してほしいな。
本人は言われるまま真面目にやってるのに、あーでもないこーでもないという人がよってたかってまた言い出すのは目に見えてる。
いいように扱われてるのを見るたび、可哀そうになってしまう。。。
そのたびに またいろいろ言われ、その繰り返し。。。
メンタルは強そうなので大丈夫かと思いますが、何とか開花してほしいです。

Yahoo!ニュース
中日・根尾の1軍登板は「近いうちにある」 元エースが断言する根拠とは?(Full-Count) - Yahoo!ニュース  中日の根尾昂外野手が、8日の2軍阪神戦(甲子園)でマウンドに上がった。打者5人に対し、最速150キロを記録した投球を、チームOBでエースとして活躍した吉見一起氏がチェ...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる