MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

星野監督は敗戦後のミーティングでエース格の小松や山本昌、野手の中心選手の中村捕手や立浪を敗戦の直接責任がない時にも選手全員の前で定期的に叱りつけていたそう。

星野監督は敗戦後のミーティングでエース格の小松や山本昌、野手の中心選手の中村捕手や立浪を敗戦の直接責任がない時にも選手全員の前で定期的に叱りつけていたそう。 理不尽なやり方でもあるけど、チームの中心選手が負う責任の大きさってそういうものでもあると思うし、叱られる彼等の背中を観る若手選手も必ず想うところがあったと思う。 後に政権を担った落合監督は満足に守れないという理由でバリバリの主力の立浪を容赦なくレギュラーの座から下ろした。 京田に対する今回の件が理不尽だとは思わないけど、ようやく期待の若手が1軍で躍動しはじめた今のドラゴンズには、当時の星野監督や落合監督が見せた非情さは必要だと思う。

長い低迷期を脱するには相当な改革が必要だよね。

今まさに立浪政権がし始めた状況だろう。

常識的に考えて長い低迷期に主力だったメンバーを
一掃するくらいのことが必要だが
そのメンバーの中でも今だに成長してる中堅ベテランも
いて、それが大島とマスターである。

その他の主力メンバーだった選手は下り坂で且つ
低迷期の象徴のような打席内容が続いてる選手たちで
クリンアップをやってきた周平やビシエドである。

京田が1割台だったので真っ先に外されたが
本当の大問題はこの周平とビシエドである。

この2人がずっと長年主力でやってきたから
強いチームになれなかった大きな要因。
彼らはチャンスに弱く勝負所ほど打てないからである。
しかも長打も出にくい打者になってきている。

極端な話とは思わないが
この2人がスタメンから外れたとき
中日は強いチームの構築の始まりになると思う。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる