MENU
SNS情報まとめサイト『どスポ』はこちらをクリック!

根尾昴は一眼を避けて投手練習していたのか?

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュース Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。


何でも器用にこなすため、ショートも外野も、一軍レギュラーの期待をかけてしまうほどの目線で見られてしまうのが根尾選手の悲しい面だと思います。 その上に投手としても戦力になるか見てみたいとなったら、大阪桐蔭時代の起用法と同じになってしまったと言えますね。根尾選手本人が二刀流に挑みたいと思うかどうかですが、根尾選手が投手として2軍でも登板回数が増えてくれば、同郷・同い年の垣越投手はどうなるのかな?とも思ってしまいます。

基本は野手なのでしょうが、指にしっかりかかった時のストレートは、プロでも指折りの綺麗な球で、驚きしかないです。肩甲骨はめちゃくちゃ柔らかいですし。
逆に、それが器用貧乏になってしまっている感はあります。
バッティングは、まだまだストレートについていけていなくて、振り遅れないようにしているのだと思いますが、体が残り切らずに振りにいってしまっていますね。

投球練習する時間があったら、ショートの守備練習とバッティング練習をした方がいいのではないか。根尾君は真面目だから十分な守備練習とバッティング練習をやってから投球しているのかもしれないが、それなら身体を休めた方がいい。
二兎追うものにならないよう、まず一兎をしっかり捕まえてから次に行って欲しい。

今年の根尾の打撃なんだけど、そんなに酷いものじゃないんだよね。
一軍では、出場機会が少なくヒットにならないけど、いい当たりはしていたんだよね。
投手も良いんだけど、中日の投手陣はそんなに困っていない。
ショートのレギュラーに育てて欲しい
鵜飼、石川、根尾と不動のレギュラーとなって欲しい

二刀流となるとみんな大谷を基準として考えるのでハードルが物凄く高くなっているんだよね。
リアル二刀流とか1番ピッチャーとかは離れ業なので大谷だからできていると考えた方が良さそう。

それこそショートからピッチャー、1イニング投げたら守備固めで外野とかできるだけ幅は広がるよね。

これ、凄いことですよね。
チームの指導者達が根尾選手の適性を決めつけることなくあらゆる可能性を考えている。マスコミや周りはいろんなことを言うかもしれませんが、根尾選手には色々な可能性があると思います。何かで花開くといいですね。
応援してます。

大谷選手もそうだと思うのですが、投手をしたことによる、ピッチャー心理がわかり打撃にも活かせると思います。
今は、いろいろ試しながら将来ミスタードラゴンズとなれるように頑張れ。

当人の能力は間違いなく必要だけど、使う側の技量も試される二刀流。
でもこういう柔軟な調整スケジュールの組み方や有用性を感じている趣旨のコメントを見ると、どうしても期待せざるを得ません!
DHなしのセリーグならではの二刀流が見たい!

根尾選手の豊かな才能は素晴らしいです。

この記事って、ちょこっと投げ込みしたとかそういう話?
佐々木選手と比べても仕方ないのかもしれないが
投手としての身体作りとか、野手としての身体作り等、
基礎トレーニングだけでも色々ありそうなんだけど。
その辺り、しっかりやってるのだろうか?
それとも、本当に気分なのか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる