MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

選手や監督・コーチがフォーローし始める選手ってどうなの?京田陽太

Yahoo!ニュース
2軍離脱の京田陽太に…「ずっと緊張感の中でやっていた」片岡2軍監督は思いやる【中日】(中日スポーツ) - ...  不振により2軍調整中だった中日の京田陽太内野手(28)が7日、下半身の張りで関西遠征中の2軍本隊を離れ、名古屋に戻った。  この日2軍はウエスタン・リーグ阪神戦(甲...

まず.250で一年間ショートを守れれば良いという見方をする方がいるがこの選手はちょっと違う。 得点圏打率が極めて低いこと又、試合の勝敗を分ける場面ではさらに低い。 相手ピッチャーが本気できた時はまず打ててない。荒木や井端が.250より低い数字だった時があったが性質が違っている。 又、覇気がないという見方をする方もいる。 それが相手ピッチャーに伝わって舐められている 印象を受ける。 色々いったがファンの気持ち、チームの士気 を考えれば、当然の結果だと思う。 ドラゴンズの過去の選手で見ていてここまでチャンスでノーカンなバッターはいなかったと思う。

もう、この期に及んでレギュラー復帰を目指して頑張れ、とは言えない状況だよな。トレードで生きる道を与えてあげるか、中日に残るとしたらもう一度守備を鍛えて堂上化を目指すしかないと思うが。

バッティングの向上は、もう無理だと思った方が良い。理由は簡単で、単純。バッティングセンスがないので。守備は練習すればするほど向上するが、バッティングはいくら練習しても無理。それよりかは打てる選手を教育して使っていった方がはるかにチームの為になる。

京田は過去の打てない中日打線の負の遺産のひとつ。
これからは打てるショートを求む。打てるキャッチャーとしてレギュラーを勝ち取った木下のように。

いい機会なので、休養の間に京田自身のスタイルを確立して欲しい。
どういうタイプの選手になるのか、バッティングフォームはどうするのか、
決まったらそれを目指してまっしぐらに頑張って欲しい。

ファンとしては覚悟が決まってからの京田を見たい。
コンディションを万全にして、しっかりと形を作って一軍に推薦
されるようになって欲しい。

京田選手がファームにいる間に、他の選手にチャンスが与えられる。その選手が結果を残したら、一気にレギュラーの座を獲得しても不思議ではない。プロの世界は運も実力のうち。三ツ俣選手も溝脇選手も結果を残している。根尾選手も調子が上がってきた。パンチ力のある石垣選手に守備力には定評がある土田選手など楽しみな選手が多い。そんな中で京田選手がどのように復活するのかも楽しみにしたい。

1年目から負担の大きいショートを守って頑張ってると思いますが、ファンも期待してるからこそ厳しいコメントが多いと思いますが、足が速いんやからそれを生かしたバッティングとかセーフティーとか積極的にやって欲しいかなって思います。
心も体も疲れてると思うので始動した時にプレースタイルを見つめなおしてまた一軍での活躍を期待してます。

>片岡2軍監督は「明日(8日)様子を見てみないと分からないけど、ずっと緊張感の中でやっていたというのもあるやろうし。

片岡さんは優しく話しているが、緊張の中でやるのはプロの宿命。
逆に緊張感を持たずに試合に出る方がおかしい。
京田は身体がどうこうより精神が参っている。
覇気が見えないのもうつ状態なのかもしれません。
プロ野球選手といえども人間なので今は休むしかないでしょう。
今シーズンを全て休んでも構わない。
それを糧にして来年やればいい。
かなり追い詰められた状態ではあったと思うのでゆっくりと時間をかけて自分を見つめ直してやればいい。
結果、戻れなくなる可能性がないわけではないが、人生は長い。
プロ野球選手だけが全てではないので、自分を大切にしてほしい。

この機にセカンド、サードの守備もショートと同等レベルまで鍛えてきて欲しい。もちろん3割打てるようになってレギュラーで帰ってくるのは理想だろうが、そこで悩んで売りの守備まで乱れるんじゃ意味ない。
年齢的に限界が近い直倫の後継者として内野のスーパーサブになってくれればチームも助かる。現時点でも代走→内野守備固めに入れる人材は欲しいし、根尾がレギュラー獲ったとしても共存できる。京田の生きる道はそこにあると思ってる。

まずは心を休めてリフレッシュしてもらいたい。京田はクソ真面目で人柄も良いのだが、プライドも高く一人で抱え込んでしまう面があるからなあ。例えば倶利伽羅不動寺で滝行なんかもいいんじゃないか。あそこの住職はラジオでレギュラー持っていたくらいの典型的な生臭坊主だが、星野監督との親交もあったらしいぞwプロ野球選手のカウンセラー的役割もやってくれそう。
ショートのレギュラーは根尾との競争になるだろうが、根尾は打撃もよくなってきているしいずれ守備も追い付いてくるのではないか。京田はショートにこだわらずセカンドもサードもできる守備職人を目指すのも一つの手だと思う。
アンチ京田もここは人間京田を温かく見守ってやってほしい。心無い誹謗中傷をしてこなかったか、自らの胸に手を当てつつ。

嫌いな選手じゃないし、プロ入り前は打撃はイマイチだけど守備は固い選手、という評価だったので、率が低いのは仕方ないかな、というのが昨年までの個人的な評価だったんだけど。

ただ、それなら打撃が特に長打力なら上回り、守備力もだいたい同レベル、犠牲バントも(自分が見ている範囲では)大抵決める、右方向にも打ててチームバッティングができる、と、各スペックを見ているとほぼ同レベルの直倫をなんで併用しないのかな?とはちょっと理不尽さを感じていたんだよね。

ていうか、京田の入団する前年に初めて規定打席に達して、やっと3球団競合ドラ1の直倫の逆襲がここから始まる、と思ってたんだけどね。

京田と直倫の違いって走力だけかと思うんだけど、2年目以降は盗塁数も平凡だし、セーフティなど小技で足も生かせない(そもそもバントも下手)

守備だけの選手て確かにどうなのよ?とは確かに思う
チーム打撃とかもできんし

一度すべてをリセットして野球を楽しむぐらいの余裕が出来ればいいのだが、結果を求め過ぎて思い詰めた結果の悪循環だよ。
試合での打撃をチェックしたり他の選手の打撃を見たりするのもいいと思う。
小さい頃はみんな自分で工夫しなが負けじと野球を楽しんでいたはず。
それがプロのレベルで通用するかは別として、技術的以外のメンタル的な所からリフレッシュするのも大事な時期かも知れない。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる