MENU
SNS情報まとめサイト『どスポ』はこちらをクリック!

根尾昴はストレートも変化球も精度が高く、ショートのバックアップをしつつ、1軍でも中継ぎ登板をする二刀流を本気で考えても良い才能の持ち主だろう。

高校時代の投球も、キャンプでブルペンに入ったり投内連携に参加する様子を見ても、投手としての動きが本当に良い。ストレートも変化球も精度が高く、ショートのバックアップをしつつ、1軍でも中継ぎ登板をする二刀流を本気で考えても良い才能の持ち主だろう。

根尾選手

まさかファームで投手をしていたとは驚き。
大阪桐蔭時代は確かにショートと投手をしていた。打撃も良かった。
プロになり、なかなか1軍で活躍が難しい中でのまさかの策のビックリ。
しかも、最速150キロってどれだけポテンシャルが高いのだろう。もちろん球速が全てではないが、ピッチングメインに練習してはいなかったであろう中で、凄いとしか言いようがない。
投手の後にショートに戻るって、なんてハードな事か。ぜひ活躍の糸口を見つけて1軍で魅せてほしい。

今、サードの1つ下の石川昴弥選手は、高校時代にサードと投手をしていた。
彼の場合は、サードメインだったが、ピッチャーがいなかった為、やむを得ずピッチャーをして活躍。おまけに打撃も良かった。
U18の日本代表の時にもその打撃の素晴らしさの片鱗を見せていた。
ポイントは、高校時代から木製バットにどれだけ対応できるかだと。

根尾選手の活躍を期待。

打撃に悩んでいる事を考えたら打撃があまり重視されない投手になるって言うのも選択牌の1つなのかなと言うのは感じますよね。
ドラゴンズOBで監督経験のある星野仙一さんは『ピッチャーは幾ら居ても困る事は無い。』と言及しているし、落合さんは『投手が足りないんなら根尾ピッチャーでも良いと思うし投手根尾も面白いと思うよ。』と言及されているので思い切ってポジションを変えて活路を見出すって言うのもありなのかなとは思いますよね。
投手から野手転向して成功した人がいっぱい居るなら野手から投手に転向して成功するって言うのも個人的にはアリだと思いますね。

ネオくんの扱い方について
頭脳明晰で、スポーツ万能で、あまりにも器用な選手なので、首脳陣もどういう風に使えば良いのか?悩んでしまってるのでは無いでしょうか?
活路を見出してあげて欲しいですが、何事も出来てしまうが、超一流の何かが見つからないので、使い難くなってしまっているように感じます。
立浪監督になられて、サードで石川選手を辛抱強く使い続けて、ちゃんと結果も伴ってきています!確かに石川選手のような長打力は有りませんが、ネオくんはショートで今シーズン我慢して我慢して使ってもらえないのでしょうか?
何か大きなきっかけを掴むと大きく化ける可能性も有ると思います。
立浪監督m(__)mどうか今シーズンは、辛抱してネオくんをショートで使って下さい!
お願いします。

ちょっと投球見たけど
なかなかキレのある速い球でビックリした。

なんか根尾の可能性を立浪片岡ラインで
探っている感じだな。

コンバートしてからのこの内容で
ショートは間違いなく一番合っていると思うが
根尾は投手の才能も持ち合わせているので
ちょっと普通の選手とは違うやり方があるのかもね。

ミニ大谷みたいな。

リズムがいいそうでそういう特殊な選手なのかも。

とにかくショートになって生まれ変わったように
イキイキプレーしていて
何かやりそうな雰囲気があるのは間違いないと思う。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる