MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

根尾昴が遊撃手再チャレンジを提言した宇野勝とは

Yahoo!ニュース
中日・立浪監督に宇野勝氏が注文! 「根尾を遊撃手に再チャレンジさせてみては?」(東スポWeb) - Yahoo!... 【宇野勝・フルスイングの掟】中日・根尾昂外野手(22)の出場機会が少なくて寂しい。2年連続で開幕一軍入りを果たしたものの、スタメン出場は1度だけ。代打や代走、守...


高校時代にある程度完成されているように見える選手は 高校の投手と打つための”必勝法”を持っている その必勝法がそのままプロの選手に適用できない方法だった場合に苦労するのだと思う 根尾は期待されながら現在期待を裏切っている状態だが まだ高卒4年目 来年にレギュラー獲得できたなら大卒のスーパールーキーと同じ 年下の石川、岡林が頭角を表しているから焦りもあると思うが 気楽に自分の立ち位置を確立してほしい

シーズン中のコンバートは負のリスクが大きいと思うので立浪監督は慎重なのだと思います。それに京田を1年の猶予でものになるか否かを見切っている状態だとも思えます。

京田は1年目、途中まで新人安打記録を抜くかもって言える活躍を見せていました。ライナー性の打球も今よりはあったし並みの新人ではなかったのです。もともと守備も高く評価されていた上でね。

だから監督1年目の立浪さんから見れば、やっぱりそのポテンシャルをできる事なら開花させてやりたいという親心があると思います。もちろん、根尾、石垣、溝脇に土田がいますので京田の聖域化の期限は1年とか短い期間で設定されているとも思えます。

長い眼で見れば根尾も楽しみですし、実戦的な打撃と守備に華のある土田も楽しみだと自分は思います。宇野さんみたいな雰囲気をもつ石垣のパワーや、こちらも実戦的で意外にパワーもある溝脇もね。

「今年は外野一本」っていうのはまず打つ方で開花させるっ事だよ。
根尾の外野守備レベルは評論家時代から判ってるしショート特守に意識を割くならその分打撃向上を図る。
臨時コーチでの経験から根尾を継続的にみる為目の届く一軍で育てる。

スター候補として将来を考えても、打てなきゃスター性は陰るし。
打てればどこでも使うだろう、
“今年は”であって“内野失格”ではないから。

立浪監督をみてるとオープンに公言する部分と選手個々に内示する秘密裏な部分を使い分けてると思う。

根尾には
まず打撃一流になれ!
守備もそこそこ打撃もそこそこ
では一流にはなれない
と伝えてあって、それを意識して取り組んでる。

昨日の根尾に代走岡林も公表したコメントではない狙いがある気がする、
根尾が足遅いなら今まで代走根尾の策はないでしょ。

立浪監督は周りが想像する以上に策略化で、表に出さない戦略があると思うよ。

本人が打撃に注力できる、
という意味では外野一本が正解という事になるだろう。
が、チームとして長期的視野で考えると、
遊撃で頭角を現してくれた方が、大きいだろう。
京田も、レギュラーとして年数を重ねたにも関わらず、
打撃での成長が見られないところを見ると、
現時点、絶対的なレギュラーとは見れない。
もし、根尾が遊撃を続けていたとしたら、
現在の京田の状態からすれば、
既に、取って代わられていた可能性も有る。
外野は、コンバート、トレード、外国人で、まかなえるポジション。
もし、元々遊撃ではなかったら、ドラフトで重複一位指名も無かったはず。
しかも、今年は、即戦力候補の新人を三人も補強した。
あと、二年経ってもダメだったら、
いっそのこと、投手再転向も考えていいだろう。

今シーズンに限ってはそれはない。
今シーズンは先ず打撃の方の結果を残す事が先決で、立浪監督がある程度認めればオフからのショート再挑戦が見えてくるかもしれない。
今は出番が少ない。でも根尾を二軍に落とさないのは立浪監督が彼を手元に置いて、しっかりと育てようとしているからで、いずれ必ずスタメンのチャンスは巡ってくる。
自分も早く根尾のスタメンは見たいけど、中途半端で使ってまた同じ事を繰り返すより、しっかりと形を作って安定した息の長い選手になってほしい。

いろいろと若手にチャンスを与えるのには賛成。打撃の実績はどっこいどっこい、守備は経験から京田の方が一枚上。立浪は京田は打てなくてもショートに来るヒット性の当たりを1試合1個アウトにすれば京田がヒット1本打ったことと同じと思って使っているのだろう。しかし、150の打率とはあまりにも低いし変化が見えない。根尾のバッテングは明らかに昨年とは違って成長している。慣れれば250ぐらいは打てる。そして将来的には300も打てる可能性はある。したがって、根尾のバッテングに使える目途が立てば、ショートでもいいかな。とにかく競わせることには賛成。

ショート根尾に京田の状態を絡めるから色々ややこしい話になるのでは
そもそも根尾の能力が十分にあり、京田との競争に敗れて控えというだけなら内野手登録のまま他のポジションもこなしながらレギュラー奪取に向けて研鑽を積む流れになったはずだろう。
それが登録変更されるということは誰かと競争云々ではなくそもそも根尾個人がショートとして不適格だって話。

京田を外す話は堂上、三ツ俣、溝脇、土田を絡めてすべきだし、
根尾のレギュラー奪取は今のポジションの競争の話をすべき。
ここで堂上、土田らを抜きにショート根尾に話を飛ばすのは、見たいが先行してるだけでしょ

なんで根尾にそんなにショートやらせたがるの?京田が35とかならまだ分かるけど、まだ20代。別に世代交代の時期ではない。
京田の方が守備力が高く、現段階ではバッティングもどっちもどっち。それなら素直に京田でいい。
今のドラゴンズに根尾がレギュラーで守れるポジションは無いよ。レギュラーになりたいなら、宇野が言うような形でもらうのではなく、力をつけて、実力で使ってもらうようにするべき。
その点、立浪はよく解っていると思う。今のままのやり方で取り組んでほしい。

京田の後継者が土田なんて首脳陣の誰も言ってないはずだ。立浪に至っては強化選手にも指定してないし、ほとんど言及すらない。センスは高いがまだ精度が低いし雑なプレーも多い。後継者だなんだと持ち上げられるのは今年の成長しだいだろう。
岡林と鵜飼の台頭で去年まで手薄だった外野が一気に厚みを増した。ブライトもケガこそしたが打撃センスも外野守備も非凡であることは既に示した。三好だっている。ここに根尾を持ってくる必要性がどれほどあるのか?では内野には余裕があるのか?
魔送球などと言うが、根尾の送球ミスは2年目を堺に激減している。でなければ外野からあれほど精確なレーザービームをポンポン飛ばせるものではない。
偉そうに素人がどうのと言ってる者もいるが、宇野氏や宮本氏などプロの遊撃手出身のOBの多くが根尾を内野手として高く評価しているのはどう考えているのか聞きたいところだ。

大島はまだまだ元気。岡林も鵜飼もアリエルもいて怪我が癒えたらブライトも使いたい。打撃を伸ばすための根尾の外野転向だったが、打席に立てないのに伸びようもない。ショートでチャンスを与えた方がよっぽど打撃への影響もよいのではないか。京田が完全に迷走しているし、おそらく京田の後釜として考えられている土田も下で壁にぶつかっている。土田だって絶対に出てこれるとは限らない。チームバランスを考えても現状根尾をショートに戻すことに全く違和感はないんだけど。でも立浪は頑固だからな。あまり期待できないかな。

立浪監督の守備重視での京田起用については理解できます。そして以前、「このチームで一年間遊撃手で出れる体力があるのは京田だけ」とも言っていました。それもプロから見てそうなんでしょうから間違いないんだと思います。
打撃には目を瞑って守備力を信じてという信念も感じますし、素人があれこれ言っても変わらないでしょう。

ただ、素人ながら思うのは「京田がケガしたらどうするのかな?」という素朴な疑問ですね。誰がいるのかな?まあ誰を使ったとしても一年間は使えないんでしょうから、騙し騙し使い回していくという事なんでしょうかね。

昨日解説の谷繁が石川に対して狙った球を振っている様には見えない。投手に合わせてしまっていると言っていたが根尾もそんな感じですな。
ストレート一本に的を絞ってフルスイングで良いと思うんだけど、変に変化球に合わせて打たされている感じだと思う。
根尾の場合は甘い球のミスショットがあまりに多い気もする。

個人的な見立てですが、おそらく、立浪監督は根尾の内野手復帰を想定したうえで今シーズンの外野手専念を指示したと思います。

ドラゴンズは実は外野より内野の層に数年先の不安を抱えています。

根尾の高い身体能力が数年後に内野で定着できればかなり大きいです。

今季は意図的に打撃技術を向上させるために一軍で鎬を削らせているようにみえます。

将来の根尾内野手論は大賛成です。

ショートは内野の要。守らせるなら他との連携も含めてキャンプからやらないと。京田のバッティングには見ててイライラするけどショートの守りの観点からだと安易に変えることはできないと思う。根尾に機会をと言うかけど、去年はそこそこもらってて今この位置。競争に負けてるということを認めたくないファンもいるけど、結局まだまだだ、ということかな。

投手陣がいいから、7番から9番はアウト前提でいいと思ってるんじゃない?
木下が打てる捕手というのも大きいと思います。おかげで守備だけの京田を出すことができる。
根尾のショート、確かに見たいですが、京田とのバランスだと3番打てるくらいの打力がないと総合力で負けませんかね?
あとは、石川との若手枠争いで負けたってことですか。同レベルでも大阪桐蔭だし仕方ないね。

立浪監督の判断は、投手力も含めたチームバランスと、集客効果まで考えたものだと思います。

サードが石川ってのもあるのかな?って。

だから遊撃手は守備は安定している人間を入れたいのだと思う。

けど、流石に打率1割台はレギュラーには相応しくないし、他の人をスタメンで使って抑えの守備職人として京田を使えば良いと思う。

一時期『抑えの捕手』とか話題になったし、まあ守備固めと言うんだが、京田にもそれで尻に火を着けないと、今年は兎も角、来年以降も同じ事の繰り返しの様な気がする。

少し変われば、流石に中村ノリコーチが言う様にトリプルスリーを達成出来るとは夢にも思ってないけども、今よりは打てる気がするんだよね。

立浪監督はその場の思いつきで物事を決めるような人ではないだろう。恐らく中長期的なビジョンを明確に描いた上で決定したのが「根尾外野転向」であり、朝令暮改することはまずあり得ない。

その視線の先はズバリ「ポスト京田は土田」なんだと思う。
ショートは守備力重視。京田は現状8番だしそもそも打撃に大きく期待はしていないのだろう。その点同じく守備力重視の捕手木下が打てるというのが大きい。
たぶん土田が出てくるまでショートは京田でいこうと腹を括っているんだろう。

根尾については強肩を活かして外野、そして打力を伸ばしてほしいという考え方に違いない。その方針もまだ動き出したばかり。外野は成り行きを見守れば良いと思う。

以前の送球ミスや打撃だったら根尾君もあったかもしれないけど、昨日のような時折ヒットを撃ったり、これまで培った守備力を考えたら京田という考えなんだろうな。

だからこそ、この経験を糧に根尾君は独自のレベルUPを計らないといけないし、本人は広角に撃てる打者になりたいみたいだから、どんな投球でも対応でき、ヒットにする選手にならないと、今の並の評価のままではどの選手にも勝てない。

遊撃手として失格したと言う程出場機会を与えられた訳では無いので、再チャレンジと言う言葉は当てはまらないと思います。
与田元監督にしろ立浪監督にしても、遊撃手は守備に重きを置くと言う考えの様ですので取り付く島もありません。
それも可能性より現時点での力で決めてしまっているようですのでタチが悪い。
根尾選手は入団時に二刀流とも騒がれた選手だったと思いますが、本人の希望で遊撃手一本でと決めた様に記憶しています。
大谷選手や佐々木朗希選手の様に、入団時の約束を守るチームかそうでは無いチームかで、選手の運命は変わって来ますね。
選手は球団選びも慎重に行わなくてはなりませんね。

ショートの守備で京田を越えるのは困難だと思うけど、有事の際はショートや投手もこなせる根尾の存在は大きい。
外野も大島以外は流動的だから根尾にもチャンスはある。
真面目過ぎるや不器用だの頑固だの言われるけど、内外野に投手も出来て人気もある根尾は貴重な戦力だと思う。近い将来レギュラーになると信じている。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる