MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

京田陽太 どうしてもタイミングが遅いのは直らない。

どうしてもタイミングが遅いのは直らない。
いっそのこと一本足にしたらどうだろう。
いやが応にも早く始動しなければならない。
もう一つ、新人時代は詰まるのを恐れず振り切って内野安打が多かった。
チームでも屈指の脚力を持っているのだから活かさない手はない。
今季一番はヤクルト戦で打ったショートオーバー。あれができるのだからメゲずに頑張って欲しい。

打席では打てないし、粘れないし、簡単に打ち上げてしまうし、オマケに走塁でもポカするしでイライラするのは分かるけど、京田に対する当たりは必要以上に強いと思う。
仮に堂上が今の京田と同じような成績、立場だったらここまで言われてないだろう。
打てないけど守備で頑張っているからと暖かく見守る向きが強くなると思う。
点が取れない責任を8番に求めるのはさすがに酷。

送球ミスやポカがたまにあるけど守備が上手いのは誰の目にも明らか。でも彼は守備だけ。足は速いけど走塁は下手だし盗塁数も少ない。打撃は何年もやってるのに相変わらず雑でこれ以上の上達は見込めない。坂本はもちろん、源田や今宮クラスにもなれないことをファンが理解する必要があると思う。根尾や他の若手が台頭してくるまでの繋ぎと考えれば良い。

さすがに打率1割台で守備だけといわれても、使う側にも限界があるでしょう。せめて、2割5分は打って貰わないと。出塁率も低いですしね。中村、森野、両打撃コーチの下で、打撃の練習するしかありません。ただ、キャリアの中で一回ぐらいやり直してもいいんじゃないですか。実際、一年目から打撃は下降線を辿っていますから。打撃をやり直して、もう一回、スタメン復帰して貰いたいところです。

打もですが、今年は送球に不安定さがあるので、現状のスタメン外しもしょうがない結果だと思います。直倫さんも京田君と同じ位に守備が上手いですし、打率が1割台と低迷する様なら、根尾君か龍空君を出した方が、今後の為にもなると思います。京田君はルーキー時代の様に、足を絡めたヒットや盗塁が全く無くなってしまったので、初心にかえって、足を活かしたプレーを期待しています!

返り咲くことは可能だと思います。散々文句言ってきましたが。まず、意識改革。自分の役目、役割をちゃんと認識すること。つなぐ。それにつきます。
自分で決める!と思わないこと。
どういうこと?粘る、球数を投げさせ、そして、ひと刺し。次に揺さぶる。セーフティ、バスター、叩きつけ、嫌がる選手になる。守備は満点、足もある。京田のじみではあるが、じみゆえの一流選手を確立すれば、侍に常連になる選手になる。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる